一光年

33 の用例 (0.00 秒)
  • 太陽から、一光年よりはるかに小さい距離内に、とだけ申しておきましょう。 小松左京『さよならジュピター』より引用
  • また、仮に一光年の長さの棒を作り、宇宙空間に設置できたとする。
  • 一光年行くのも千光年行くのも安全性に何の変わりもない。 E・E・スミス/川口正吉訳『宇宙のスカイラーク』より引用
  • 宇宙の半径が一〇〇億光年でも一光年でも、日常生活に違いが出るわけではない。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 原初地球の船団がここから四分の一光年以下のところにいます。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 事故は恒星へルー・ネブーから一・一光年離れた空間で起こった。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • あれだけ図体の大きな奴だから、一光年半ぐらいまでの距離だったらぼくは見つけられるはずだ。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • アルームまでは、二万八千四百五十一光年の距離がある。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ03 銀河系最後の秘宝』より引用
  • その燈台恒星は地球から六千四百十一光年の距離にある。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • アダムとサーファーが先行し、サノスの神殿から一光年の位置についた。
  • それにとっては一光年も二十七光年も同じこと。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『06 時間地下庫の秘密』より引用
  • バスコットン星系を有名にしたまちがいとは、約四・一光年先に存在した〈閉じた門ソード・レーザ〉だった。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 02 守るべきもの』より引用
  • 恒星は宇宙の中で互いに運動しているため、太陽から一光年以内に別の恒星が接近してきたことは、これまで何度もあったに違いない。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 一光年の数分の一というところか。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • 宇宙船の速度は、五時間ごとに一光年ずつ加速しているので、規則的な曲線を描いて上昇するわけである。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • ピーターの耳は確かにそのすべてを捕えていたが、中佐の声はまるで一光年先から聞こえてくるかのように遠かった。 ロッデンベリイ『スター・トレック2/カーンの逆襲』より引用
  • これは直感的には、たとえば一光年の長さの棒があれば、この棒を押すことで一光年先でも瞬時に情報を送ることができるように見える。
  • そして一光年たらずの距離に迫ると、彼らの速度と同じくらいにペースをゆるめて、一定の距離を保った。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ1) 銀河パトロール隊』より引用
  • 二五三〇年には半径八四光年、二五八〇年には半径九一光年、二六三〇年には半径九四光年で、停滞の状況は明らかだった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 06 飛翔編』より引用
  • まる一光年、つづいて二光年、さらに三光年と、宇宙船は遠くへと去って行った。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • 次へ »