一五四九

17 の例文 (0.00 秒)
  • ザビエルの来た一五四九年はさういふ混乱の時代であつた。 ...
  • 一五四九年、日本にはじめてキリスト教を伝えた。 ...
  • この因縁によってシャビエルは、一五四九年に日本へ渡来した。 ...
  • 乗船したのは一五四九年六月二十四日であった。 ...
  • キリスト教が日本に伝わったのは、誰もが学校で「|以後よく見かけるキリスト教徒」と覚えたように、一五四九年だった。 ...
  • 伝来の年が西暦一五四九年、島原の乱が同じく一六三七年であるから此間九十年近い歳月がある。 ...
  • シャビエルが日本に来たのは一五四九年、三好長慶が京都を占領し、その家臣松永久秀に庶政を委せた年である。 ...
  • インド、東インド諸島布教後の一五四九年鹿児島に来朝した。 ...
  • だが、このあざやかな色調も、もうこの物語の時代には少しばかりつやを失っていたし、一五四九年のころには、もうほとんど、ほこりとクモの巣の下に隠れてしまっていた。 ...
  • 一五四九年一一月九日鹿児島発ゴアあて、五二年一月二九日コチン発ヨーロッパあての二通のザビエル書簡によって、かれの目に映った日本を眺めてみよう。 ...
  • シャルル九世の愛人マリー・トゥシェは、シャルル九世よりもひとつ年上で、一五四九年にオルレアンのプロテスタントの軍人の娘として生まれた。 ...
  • ザビエルはヤジローをゴアの聖パウロ学院に送って教育を受けさせ、一五四九年六月、ヤジローとともに日本伝道の旅に出た。 ...
  • そして、その責任は一五四九年、ユカタンに宣教師としてやってきたフランシスコ派の修道士ディエゴ・ランダの狂信に帰せられる。 ...
  • 聖フランシスコ・ザビエルが、伝道のために渡来したのが、一五四九年八月十五日、もっと大きな意味をもつアッソムションが、八月十五日。 ...
  • トルレス神父ばてれん、フェルナンデス法弟いるまん、その他の者を従へ、パウロの案内によつてその故郷鹿児島へ上陸したのは一五四九年八月十五日、聖母まりや昇天祭の日であつた。 ...
  • アンジローらの資質にほれこみ、日本に大きな希望を抱いたザビエルは、アンジローを道案内として、コスメ=デ=トルレス、ジョアン=フェルナンデスらとともに、一五四九年四月一五日にゴアを出発、コチンを経由してマラッカにいたった。 ...