一五四七

17 の例文 (0.00 秒)
  • 一五四七年、スイスの上空で二つの軍隊が戦う光景が目撃されている。 ...
  • 大内氏はなおこの後も一五三九年、一五四七年などに勘合貿易をやっている。 ...
  • 勘合船は、一四〇四年から一五四七年までの約一世紀半に一九回、明に渡航した。 ...
  • 一五四七年十二月、人を殺して逃げて来た日本人ヤジローとマラッカで出会う。 ...
  • 一五四七年の「丁未約条」による復交時には、窓口は釜山一港になっていた。 ...
  • 一五四七年には、マラッカで、鹿児島人ヤジローとシャビエルとが会ったヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ ...
  • でガスカは一五四七年二月にこの男と四隻の船を先発させ、スペイン国民としての義務に帰った者は赦免される、その財産は安全である、と宣伝させた。 ...
  • 両軍は一五四七年十月末チチカカ湖畔に於て戦った。 ...
  • われわれは一つの目的、たとえば、一五四七年にジェノヴァで起こったフィエスコの陰謀についての、ある明確な観念を得ようという目的を樹てると、どんな無味乾燥な本も、おもしろくなってくるものである。 ...
  • 一五四七年アンリ二世の寵臣シャーテーニュシェと決闘、背後から不意打の一撃を以て斃す。 ...
  • ラヴェンナの戦いは一五一二年、カトリーヌが女王となったのは一五四七年以降だから、ラヴァリエルが十六歳の初陣としても、カトリーヌの舞踏会の頃は五十歳を越していなくてはならない。 ...
  • 一五四七年ランブィエ王宮に於ける一挿話である。 ...
  • 一五四七年一月、一艘のポルトガル商船が九州の一角に坐礁して引卸しにかゝつてゐると、丘の上から騎馬で駈け降りてきた二人の日本人があつて、手拭を打ちふり、その船に乗せてくれないかと叫びたてゝゐる。 ...
  • 寧波の乱後、勘合貿易は大内氏の独占物となり、一五三八年に第一八次、一五四七年に第一九次の遣明使が送られたが、一五五一年に大内義隆が臣下の陶隆房に攻められて大内氏が滅んだのと道づれに、遣明使も廃絶してしまう。 ...
  • それを憤ったコルテスは王の裁決を請うべく一五四〇年に再び本国に帰ったが、王は冷淡で埒があかず、愚図愚図しているうちに、一五四七年十二月、六十三歳にして歿した。 ...
  • ピントはその後再三我が國に渡來したが、一五四七年に第二囘の來航の時、鹿兒島から二人の日本人を伴ひ、マラッカで東洋傳道の目的で來合せた、有名なザヴィエルの手許に委託した。 ...