一五五四

17 の例文 (0.00 秒)
  • 一五五四年の夏の頃には毎日十人、二十人の貧民が信者となったといわれる。 ...
  • 身分あるものを教化しようというガゴの希望は、一五五四年には幾分かずつ充たされたように見える。 ...
  • それと同じように翌一五五四年の四旬節にも信者たちは熱心に告解を行い、またしばしば断食した。 ...
  • 一五五四年にアルカラ、ブルゴス、アントウェルプで出版された三つの版が現在残っている。 ...
  • その翌日、一五五四年二月十二日は来た。 ...
  • マラッカからはダルカセヴァが遺骸と共にインドに向い、一五五四年の復活祭の頃にゴアに着いたのである。 ...
  • その一五五四年二月一二日、処刑場に引きだされたジェーン・グレイは、雪のように真っ白な服を着ていた。 ...
  • この物語はひじょうに評判で、マテオ・バンデロは一五五四年に出された『物語集』にこれを集録し、その仏訳もあらわれた。 ...
  • 一五五四年ペリグー市御用金裁判所参議となる。 ...
  • 一五五四年得度。 ...
  • シャビエルの死に刺戟され強い感激を以て一五五四年の五月に日本に向けインドを出発した管区長ヌネスの一行は、運悪く途中で二年余の年月を空費し、一五五六年七月の初めに漸く豊後に到着した。 ...
  • そのうちアルカラ版には、一五五四年二月二十六日という日付があり、「この第二版で、新たに印刷に付し、訂正し、新たに追加された」としるされているので、それより前の版のあったことを、明らかに物語っている。 ...
  • こういう情勢の下に山口の信者たちは、一五五四年の末には、貧民施食を毎月三四回行い、貧民の家の建築を企てて募金をはじめた。 ...
  • 二年後の一五五四年十月に彼が豊後に送った書簡によると、山口の領主の重臣ファイスメの義兄弟であるアンブロシヨの葬儀には、トルレスが男女の信者二百余人をひきいて参加した。 ...
  • 広場に立つと、「恐怖のイワン」がカザン征服の記念に、バルマとポストニクのふたりの建築家に命じて一五五四から六〇年にわたってつくらせた、もざいくのお菓子のようなセントバシルの寺院が南のはしに飾り物みたいに建っている。 ...
  • 国王が、一五五四年八月二九日付で、「ヂャクニトミ・ヒキ」所属の沢の掟に喜界島志戸桶間切の大城大屋子という官職を与える、というもの。 ...