一世一代

全て 名詞
388 の例文 (0.00 秒)
  • これでは二葉亭が一世一代の芝居を打とうとしても出る幕がないだろう。 ...
  • 当たった富札とみふだをふり廻しているような興奮で一世一代の仕事だと考えた。 ...
  • あたしは、かれと一世一代の大勝負をするために、ここにきたのだ。 ...
  • おそらくキヨミは、一世一代の芝居を演じようとしているに違いないのだ。 ...
  • クサい青春ドラマだったら、このあと一世一代のライブをやるんだろうな。 ...
  • いけはたにあったならこの椿岳の一世一代の画も大方焼けてしまったろう。 ...
  • 一世一代の大働きのつもりで夜も寝ないで頑張ったのが祟ったんでがしょうね。 ...
  • その時私は一世一代の芝居をして、純粋な田舎出の少女の役をうまくやりおおせたと思う。 ...
  • 五叟老人が、この瞬間、一世一代の予言をしてのけたことも理解していた。 ...
  • その一世一代の名演は、残念ながらビデオには撮影されていない。 ...
  • サチ子は一世一代の恋をしたと思っていたが、あの男は自分を三万円で買ったのだ。 ...
  • しかし阿南はそれを覚悟の上で、一世一代の父親の喜びを味わった。 ...
  • 麗華おじょうさまのこんな一世一代の大勝負、見逃みのがす手なんてないでしょう? ...
  • そんななか、大舞台でのチャンスが舞い込んで、一世一代の大勝負に出る。 ...
  • 彼にとっては一世一代の大仕事だったはずだ。 ...
  • つづけて、これだけは最初で最後になるであろう一世一代の劇的な呼びかけ。 ...
  • 一発逆転をねらうために、一世一代の勝負にけてみるのも悪くないでしょ。 ...
  • 次へ