一七二六

17 の例文 (0.00 秒)
  • バッハ四一歳の一七二六年一一月二七日に初演されたそうです。
  • 喜んだ教授は一七二六年、大図鑑つきの大論文を刊行した。 ...
  • 一七二六年、すでにパリは生活とおしゃれの二つながらの優雅の中心であった。 ...
  • 一七二六年から翌年にかけて作者自身の商人としての体験に基づいて『イギリス商人かがみ』が書かれている。 ...
  • スイフトの『ガリバー旅行記』は、はるかあと、一七二六年の出版である。 ...
  • 前世紀の初め、一七二六年のことである。 ...
  • といふのは、英語のみならず、イタリア語でも、それが始めて活字になつたのは、英訳の前年の一七二六年の事だつたからである。 ...
  • 一七二六〜九〇。
  • 一七二六年に終る五箇年間には、年平均出生は七、〇一二で、一七四六年に終る五箇年間は六、九二七であって、これによれば、出生から判断して、人口はこの中間の二〇年間に減少したものと推論し得るかもしれぬ。 ...
  • 鬼火に関する理科学的研究結果が、はじめて世に発表されたのは、西暦一七二六年のことで、研究者はドイツの物理学者ムッシェンブレウグであった。 ...
  • まさか、六十七年後に、司祭にやとわれている者たちが、キリスト教国の首都を真にキリスト教化したいと語っていたジャコバン党員バスヴィルを殺害することになろうなどとは一七二六年の人々はほとんど想像もしていなかった。 ...
  • 一七二六年八月末に、べーリングは六百六十三頭の馬を動員して、ヤクーツクを出発し、この道を通って、十月中旬オホーツクに着いたが、途中二百六十七頭の馬を失っていた。 ...
  • その証拠に、一七二六年に出版された『プリンキピア』の改訂版では、さきほど引用したライプニッツの名前が削除されたのである。 ...
  • 一家の先祖は一七二六年、同じプロヴァンス地方の小都市オルゴンからマルセーユに進出し、織物商を営んだ。 ...
  • すなわち、これら山椒魚の骨格は、エニンゲン石切場の発掘にあたって、切石の上においてヨハンネス・ヤコブ・ショイフツェル博士により発見され、一七二六年刊行の「ホモ・ディルヴィイ・テスティス」なる書に示されている骨格図と、ほとんど一致しているのである。 ...
  • シュパンベルグ支隊は同じ一七二六年に、十三艘の平底船でヤクーツクを出発し、レナ川を降って、アルダン川との合流点に達した。 ...