一七七七

17 の例文 (0.00 秒)
  • メーザーは一七二〇年に生まれ、マルヴィッツは一七七七年に生まれた。
  • 彼が最後にここを去ったのは一七七七年二月二五日だった。 ...
  • 一七七七年に終る五箇年間に、ナポリ王国における出生の埋葬に対する比率は、一四四対一〇〇であった。 ...
  • それからアンドリュー・ウッドハウス、こいつも同じ海で、一七七七年に溺れ死んだ。 ...
  • 一七七七年海上の覇権を掌握せる英軍の目をかすめて五百万フランの物資をアメリカに輸送することに成功。 ...
  • 探険家クック船長が、一七七七年、トンガ 王に贈ったといわれるカメが、昨日死亡した。 ...
  • 一七七七年、二十一歳のモオツァルトは、一家の希望を負い、音楽による名声獲得のために、母親と二人で、大旅行の途につく。 ...
  • 一七七七年、二十一歳のモオツァルトは、一家の希望を負い、音楽による名声獲得のために、母親と二人で、大旅行の途につく。 ...
  • しかるにそれよりも二十何年の後、西暦一七七七年に来朝した和蘭甲比丹オランダカピタンツンベルグは、その江戸往来の旅行において次のような見聞をしている。 ...
  • 像の台座の下にある、なかば消えかけた次のような碑銘は、一七七七年パリに帰ったヴォルテールにたいして示された熱誠のほどを披瀝ひれきし、この装飾物の由緒ある年代を偲ばせている。 ...
  • 一七九一年にキャプテン・ヴァンクウヴァがオウタハイトを訪れた時には、一七七七年に別れた友人は大抵死んでしまっており、すなわちその時以来たびたび戦争があり、ある戦争ではオウタハイトの両方の酋長が敵に加わったので、王は長期間完全に惨敗し、そしてその領土は全く荒廃に帰したことを、見出した。
  • 彼の特異な演出家的才能、そしてまた誇大妄想狂的性格の一面を示す代表的な挿話は、一七七七年の春、エカテリーナを動かしていった、狂気じみた南露巡遊の挙であった。 ...
  • 手もとにある鴎外の「ギヨオテ傳」をみると、一七七七年十一月末、カルル・アウグスト公が昵近の士を連れて獵に出たとき、ゲエテは獨りハルツに旅した、そのときの詩のやうである。 ...
  • サン・ジェルマン伯自身は、一七七七年にドイツのヘッセン・カッセルにあらわれ、カッセル伯チャールズの庇護ひごを得た。 ...
  • ようやく一七七七年になって、第三回の航海のときにクックは〈リゾリューション〉と〈ディスカヴァリ〉を率いてヴァン・ディーメンズ・ランドに投錨した。 ...
  • 一七七七年三月十七日、聖パトリック祭日に、北アイルランドのダウン州エムズデール村で、プロテスタント信徒の農家の長男として生まれ、多くの弟妹がいた。 ...