一スジ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • むろんこれは、詩人として詩作一すじに通した人の場合のことではない。 ...
  • 女としての私にある一すじな心、それは一見何という単純さでしょう。 ...
  • 次の言葉をつぶやいたお前の理性の中には一すじの遠い光に似たものがある。 ...
  • はるか下の方に、一すじの流れが日光をさえぎられながらも光っている。 ...
  • そこにそれらの人々を他の人々からり離す一すじのみぞは掘られている。 ...
  • ずっと上のほうの戸があいて、一すじの光が私たちのほうへ落ちてくるのが見えた。 ...
  • いや、これに関するかぎり、一すじでもほぐれるかどうか分らなかった。 ...
  • 第一私はあなたの髪の毛一すじでも黒くしあるいは白くする力はない。 ...
  • その頬に一すじ、白いものが流れるのを月に見て、宗清はひそかに心を強くした。 ...
  • およう達の家からもそれが一すじ立ち昇っているのが見られた。 ...
  • 一すじの小径こみちを中央にして両側に果樹の多く植てある畠の中を歩いて見た。 ...
  • その時間の中に、志賀との間に一すじ、ひびが走って行くのが感じられた。 ...
  • 道路みちに一すじ赤っぽい光を投げて、まだ一軒の煮売り屋が起きている。 ...
  • ガウンは化学薬品で汚れ、袖のところには、一すじの血痕がついていた。 ...
  • さっきとおなじように縦穴がついていて、そこに一すじの鉄ばしごがかかっている。
  • わたしたちの心の中に一すじの炎の残っている限りは。 ...
  • そして過去と未来をつなぐ一すじの道に、果てなき迷いと嘆息を抱いた。 ...