ヷース

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 其大にもてはやされたものであることは今日尚存するヷースの畫に屡見えるに徴しても明かで、それ等の繪によれば、當時の鞦韆は二本の繩で腰掛け樣のものをつるし、之に腰を掛ける女は最初他人をして後から推さしたものゝ如くである。 ...
  • 又神話には頓著せず、罪を攘ふとか悔い悛めるとか云ふ意味も籠もらせずして、却へりて歡樂をつくす方法としてもてはやされたことは、鞦韆のヷース畫には興に耽ける婦女の側に或はエロス或はシレン等を添へ畫くを例として居るのでも、之を知ることを得べく、極めてなまめかしい種類の遊戯であつたのである。 ...