ヷルモオル

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • ヷルモオル夫人の詩業は身を切るやうな感受性の叫びや呻吟である。 ...
  • 恰度まあいい具合にその時劇場から話があつて、ヷルモオルは早速歌ふことを学んだ。 ...
  • ヷルモオルは却々しつかりした男で、彼女はその妻として実に申し分のない妻だつた。 ...
  • やがて遂々諦めて、間もなく劇場仲間のヷルモオルと結婚した。 ...
  • 一人になつたヷルモオルは船から船に移されて漸くのことで例の親戚の手に渡されたのだが、その親戚は貧乏になりはてちまつてゐたといふわけだ。 ...
  • 自らその門弟と称したヹルレーヌの如きは、諧調と韻律との配合を会得したのは実にヷルモオルに於てであつたと告白してゐる。 ...
  • 然しヷルモオルの天才は彼に負ふところ尠くなかつた。 ...