ヷイオリン

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • しかし次の瞬間には、全く思ひもかけず唐突に起つたヷイオリンの強い絃の音に、われにもなく心をとられて耳をそばだてた。 ...
  • それには、毎日かの女のあたまを何か一つのきまつたことに占領させて置く必要から、さきには、義雄が何年か以前に使つたヷイオリンを持つて來た。 ...
  • 私は全身の期待を以て耳を欹て、いつも音樂によつて心の奧に隱れてゐるかなしみを引き出され、ひそかに涙するその心持を早くも味ひながら、ヷイオリンの音のむせび出すのを待つた。 ...
  • ゆうべもおそくまで留守にして、歸つて來ると、直ぐ君のヷイオリンも三味線も皆たたき毀したさうぢや。 ...
  • しかもそれは、あの都大路を唄ひつゝさすらひ歩く墮落者の肩にあてられたヷイオリンほどの哀愁もなく、絃の音はその情操のない主人に驅使されることの不遇を悲しむ暇もなく、たゞ義理にうたつてゐた。 ...
  • 近頃はヷイオリンの稽古に行く。 ...
  • 三味線とヷイオリンと、能、芝居、漢詩、俗謡、帝劇の女優、哥沢振うたざはぶりの踊。 ...