ヴェーファー

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 一部のトーチカやヴェーファーの名が冠された通りは現在も残っている。 ...
  • しかし1936年にヴェーファーが死ぬと、この計画は中止された。 ...
  • ヴェーファーは将来、戦略爆撃機が重要になると考えていた。 ...
  • しかしヴェーファーは1936年に墜落事故で死亡したこともあり、その直後にこの計画は破棄された。 ...
  • ヴェーファーの代理であったアルベルト・ケッセルリンクは戦略爆撃機よりも小型の戦術爆撃機を大量に運用することのほうが重要と考えていたためである。 ...
  • Ju 89とその競作機のドルニエ Do 19の両機の将来は約束されていたが、1936年にヴェーファーが航空機事故で死亡してしまったことで空軍内に起こった方針転換の犠牲になった。 ...
  • ヴェーファーが事故死し、ブロンベルクが罷免されると、この業務はヘルマン・ゲーリングの指揮下に置かれた。 ...
  • 試作機のV1号はヴェーファー中将が航空機事故で死亡した後の1936年10月28日に初飛行を行ったが、重爆撃機計画は勢いを失い復活することは無かった。 ...
  • ウラル爆撃機計画という名の下にヴェーファーはドイツの主要な航空機製造会社であるドルニエ社とユンカース社の2社と長距離爆撃機の要求仕様について秘密裏に折衝を始めた。 ...
  • ヴェーファーの後任のアルベルト・ケッセルリンクはドイツが要求するものは、より多くの戦闘機と戦術爆撃機であると信じていたためV2号とV3号試作機は破棄され、V1号は1938年に輸送機に改装された。 ...
  • ドイツ空軍の初代参謀部長のヴァルター・ヴェーファー中将はドイツが長距離戦略爆撃機戦隊を保有することの強固な提唱者であり、これがヴェーファー将軍下での「ウラル爆撃機計画」の推進となった。 ...
  • ヴェーファーの2人の息子は共に空軍士官として第二次世界大戦に従軍し、戦闘機パイロットだった次男ヴァルターは1945年4月に騎士鉄十字章を受章したが、敗戦直前に戦死した。 ...
  • thumb|決勝に進出したドイツの3選手 左から順にドリンジャー、ラトケ、ヴェーファー 8月2日に雨の中、実施された。 ...
  • しかし1936年6月にヴェーファーが航空機事故で死亡すると、ヴェーファーの後任のアルベルト・ケッセルリンクは戦術爆撃機に専念するために長距離爆撃機計画を破棄した。 ...
  • thumb|ハイルブロンに残る「ヴェーファー塔」 1936年6月6日、ゴータの航空戦闘団に「ヴェーファー将軍」の通称が付され、またミュンヘンの兵舎に「ヴェーファー将軍兵舎」の名称が、またポツダム、ライネ、ハイルブロンに建設されたトーチカにヴェーファーの名が冠された。 ...