ヴィクトリア女王時代

17 の用例 (0.00 秒)
  • ヴィクトリア女王時代の朝食とはあまりにもちがった食事であった。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 今日ではヴィクトリア女王時代の建築物がロンドンを除く世界中の都市で最も多く残っている。
  • もちろんそれは、なにごともあけっぴろげなヴィクトリア女王時代のものであった。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 応用科学の発達以前に、ヴィクトリア女王時代をおおった霧と汚物は消えた。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • かれはヴィクトリア女王時代のすすによごれたロンドンの様子をえがくことができた。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 人口の都市への流入ということは、ヴィクトリア女王時代の作家の頭の中にこびりついて離れなかったテーマである。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • ヴィクトリア女王時代においてさえ、ロンドンは迷路のかたまりみたいなものであった。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • デートの場所の正確な位置は、ヴィクトリア女王時代のころのウィンブルドンから道路がその広場に出ようとしたところにあった。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • ながい歳月がたっていても、英語自体は敬愛すべきヴィクトリア女王時代のそれとほとんど変わっていなかった。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • そして二〇〇〇年と二一〇〇年にかけて、たえず加速された発明の進歩は敬愛すべきヴィクトリア女王時代の治世をついにまったく信じられないような静かな牧歌的な時代の幻影のように思わせてしまった。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • イギリスでは、19世紀の、ワルツ好きのヴィクトリア女王時代になるまで偏見が続いた。
  • 明らかにヴィクトリア女王時代の早期のものと思われる家具で飾られ、それっきり変改されていないと思われた。 セイヤーズ/小山内徹訳『ピーター卿乗り出す』より引用
  • それから中期ヴィクトリア女王時代の家具や本物の油絵風石版画の置いてあるちょっと変わった古風な部屋を見わたした。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • なぜならば、そのころは、あのヴィクトリア女王時代のきびしい離婚制限がひじょうにゆるやかになっていたのである。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 生活とマナーの向上という点では、これらの下層階級の連中は、かれらの祖先、すなわちヴィクトリア女王時代のイーストエンドの住民たちとほとんど変わらなかった。 ウェルズ/浜野輝訳『ダヴィドソンの眼の異常な体験』より引用
  • 彼らの人生観の根底には、ヴィクトリア女王時代の「自助」の精神が未だにしっかりと根を生やしており、他人に対する親切心というものは、相手が持っているはずの自助の精神を逆なでするものであってはならない、そういった意味では「限定的」であるし、またそれが相手に対するエチケットでもあるという訳である。 河村幹夫『われらロンドン・シャーロッキアン』より引用
  • またアーサー・コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ全集』や、19世紀のヴィクトリア女王時代に広く読まれた風刺画付き新聞「パンチ」の日本語訳も上梓している。