ヴィクトリア女王の治世

6 の用例 (0.00 秒)
  • ヴィクトリア女王の治世は大英帝国の繁栄期であり、世界各地に英国の植民地が存在した。
  • ヴィクトリア女王の治世1837年から1901年は英国の黄金期であるばかりでなく、英国の美術にとっても黄金期、爛熟期であった。
  • 彼らはヴィクトリア女王の治世の間、生存していた。
  • ザ・カンヴェントに隣接した守備隊の教会は元のフランシスコ会の建物群のひとつであり、ヴィクトリア女王の治世にクィーンズ教会と改名されたが、エリザベス2世はそれを元の名に戻させた。
  • 建造には10年かかり、ヴィクトリア女王の治世にちなみ「ヴィクトリア駅」と名付けられた。
  • キングス教会は、ヴィクトリア女王の治世にクィーンズ教会と改名されたが、女王の死後には元の名に戻され、1952年にエリザベス2世が王位を継いだ時も改名されなかった。