ヴィクトリア女王の次男

4 の用例 (0.00 秒)
  • 父はヴィクトリア女王の次男、母はロシア皇帝アレクサンドル2世の次女であった。
  • カトリック教徒と結婚したことで、アレクサンダルはイギリスのヴィクトリア女王の次男アルフレートの直系子孫として有していたイギリス王位継承権を喪失したが、もともと王位を継承する可能性はほとんどなかったため問題にならなかった。
  • イギリスのヴィクトリア女王の次男である、アルフレッドによって1860年に湾岸開発が行われ、自身と母親の名前にちなんで名づけられた。
  • ヴィクトリア・メリタの父のザクセン=コーブルク=ゴータ公アルフレートはイギリスのヴィクトリア女王の次男であり、母はアレクサンドル2世の娘でキリルの父方の叔母マリヤ・アレクサンドロヴナ大公女だった。