ヴィクトリア女王の曾孫

6 の用例 (0.00 秒)
  • こうしてヴィクトリア女王の曾孫マウントバッテン卿は、曾祖母がインド女帝となって以来の植民地インドの幕を引いた。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • 夫はヴィクトリア女王の曾孫の1人として、イギリスのオルダーニー子爵の爵位を有していた。
  • クリストフはまたイギリスのヴィクトリア女王の曾孫であるため、同じくヴィクトリア女王の玄孫であるソフィアとは親戚関係にあった。
  • ロンドン大使館の若いスタッフの中に、ヘッセン大公の次男でヴィクトリア女王の曾孫でもあるルートヴィヒ殿下がいた。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • ジョージはヴィクトリア女王の曾孫として殿下の称号で呼ばれるイギリス王室の一員であったが、第一次大戦中のイギリス国民のドイツに対する国民感情の悪化を懸念したイギリス王室の改姓に従い、バッテンベルク家の姓をマウントバッテンに改めた。
  • ベアトリスは又従弟にあたるガリエラ公アルバロと恋愛関係にあったが、二人はどちらもイギリスのヴィクトリア女王の曾孫で、血友病の保因者である可能性があったため、結婚は忌避された。