ヴィクトリア女王の孫娘

9 の用例 (0.00 秒)
  • 母はイギリスのヴィクトリア女王の孫娘の1人であった。
  • 母アレクサンドラはイギリスのヴィクトリア女王の孫娘である。
  • 両親はともに皇帝アレクサンドル2世の孫で従兄妹同士であり、また母はイギリスのヴィクトリア女王の孫娘だった。
  • そこでエリザベス・アンナ・ゴルドンの知遇を得て、ヴィクトリア女王の孫娘が受けている教育と母親たちの生活に触れた。
  • 生地スペインを再訪し、若き国王アルフォンソ十三世とヴィクトリア女王の孫娘エナ王妃とに九十四歳の誕生日を祝ってもらったばかりだった。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • 母はイギリスのヴィクトリア女王の孫娘の1人だったが、女王に起因する血友病の保因者でもあったため、ゴンサーロと長兄のアストゥリアス公アルフォンソ・ピオは血友病を抱えて生まれた。
  • ゴットフリートの母親アレクサンドラはイギリスのヴィクトリア女王の孫娘であり、マルガリタもヴィクトリア女王の玄孫にあたるので、2人は遠縁の関係にあった。
  • エナがスペイン王妃となるには、「王族」と認められないバッテンベルク家の家柄の低さ、カトリック信仰の牙城スペイン王家との宗派の違い、ヴィクトリア女王の孫娘たちに付きまとう血友病の王子を産む可能性など、様々な障害があった。
  • マウントバッテン卿ルイスは、ヴィクトリア女王の孫娘だったドイツのヘッセン大公家の長女ヴィクトリアの末っ子として、一九〇〇年六月二十五日に、ウィンザー城内のフログモア・ハウスで生まれた。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用