ヴィクトリア女王の孫

15 の用例 (0.00 秒)
  • この当時のイギリス国王ジョージ五世は、ヴィクトリア女王の孫だった。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • 彼女はヴィクトリア女王の孫の中で最も長く生きた人物だった。
  • 新国王の妃マリヤはヴィクトリア女王の孫であり、イギリス人だった。
  • 自分はヴィクトリア女王の孫なのだから、と強調したのである。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • 父はヴィクトリア女王の孫息子、母はエドワード7世の女系の孫娘である。
  • 因みに、父のヴィルヘルム2世はイギリスのヴィクトリア女王の孫である。
  • ロシアの皇帝ニコライ二世の妃も、ヴィクトリア女王の孫だった。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • 母がイギリスのヴィクトリア女王の娘アリスであったから、彼女はヴィクトリア女王の孫にあたる。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • イギリス国王ジョージ六世は、ヴィルヘルムのことをあくまで亡きヴィクトリア女王の孫と考えていた。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • なお、ヴィルヘルム2世はイギリスのヴィクトリア女王の孫で、英語は第二の母国語であった。
  • 今や誰もそんなことは言わないけれども、第一次世界大戦は、ヴィクトリア女王の孫同士が争った〝身内の大喧嘩〟だったりもするのである。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • ドイツ皇帝ヴィルヘルム二世もヴィクトリア女王の孫だったから、この時期のイギリス・ドイツ・ロシアの三大国の王室はまさに親しい親戚関係にあった。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • 「自分は偉大なるヴィクトリア女王の孫だ」と思っていたドイツ皇帝は、〝身内〟であるはずのイギリス人から笑われたくなかったのである。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • また、ヴィクトリア女王の孫で従弟にあたるオールバニ公チャールズ・エドワードも、条件は満たしていたものの、ドイツ陸軍の将軍としてイギリスに敵対的な立場にあったことが問題視され、アーネスト・オーガスタスと同様の措置が取られた。
  • イギリスのヴィクトリア女王の亡き夫アルバート殿下の実家にあたるゴータ公爵は、女王の次男エディンバラ公アルフレッド殿下が兼ねていたから、メリタ公女もヴィクトリア女王の孫だった。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用