ヴィクトリア女王の娘

9 の用例 (0.00 秒)
  • ニコライ二世の妻は、ドイツへ嫁に行ったヴィクトリア女王の娘から生まれた。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • そして母親は英国のヴィクトリア内親王ないしんのうで、有名なヴィクトリア女王の娘である。 田中芳樹『アップフェルラント物語』より引用
  • 母がイギリスのヴィクトリア女王の娘アリスであったから、彼女はヴィクトリア女王の孫にあたる。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • イギリスのヴィクトリア女王の娘ヘレナと結婚し、イギリス王室の一員となった。
  • ヴィクトリア女王の娘達も娘を生んで、彼女達は各国の后となり、イギリス王室は各国に根を張った。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • ハプスブルク家を排除してドイツ帝国の皇帝となったホーエンツォレルン家のヴィルヘルム一世は、息子の嫁にイギリスのヴィクトリア女王の娘をもらった。 橋本治『二十世紀(上)』より引用
  • その三年後にはドイツでイレーネ妃が亡くなり、ヴィクトリア女王の娘アリスの遺児たちはすべてこの世を去る。 山下丈『ブルー・ブラッド ―ヨーロッパ王家の現代』より引用
  • マリーがロシア皇帝アレクサンドル2世の皇后マリヤ・アレクサンドロヴナの姪であり、マリーの2人の弟がヴィクトリア女王の娘と孫娘の夫だったことが理由である。
  • ヴィクトリア女王の娘ヴィッキーの嫁ぎ先と義理の娘アレクサンドラの実家がシュレースヴィヒ=ホルシュタインを巡って争っていたのだった。