ヴィクトリア女王の即位

7 の用例 (0.00 秒)
  • 東京には5年間勤務したが、途中の1897年にはヴィクトリア女王の即位60周年式典のために一時帰国している。
  • 彼が生まれたとき、父レオナルドはヴィクトリア女王の即位50周年記念式典に出席中だった。
  • ヴィクトリア女王の即位後、悪質な噂が流された。
  • ゴチック・クラウンとは、1847年にイギリスでヴィクトリア女王の即位10周年を記念して発行された5シリングに相当する銀貨の名称である。
  • ハノーファー公国は1814年にハノーファー王国となり、1837年にヴィクトリア女王の即位により同君連合を解消した。
  • この点は第1部に登場する戦艦・バイオレットの「H」が「His」でなく「Her」の略であると文中で明言されていることから、英国王・ウィリアム4世の崩御に伴うヴィクトリア女王の即位以後の出来事と見るべきか否かについても同様である。
  • 結婚60周年はダイヤモンド婚式ともいい、ことにヴィクトリア女王の即位60周年は、ダイヤモンド・ジュビリーとして盛大に祝賀された。