ワーウィープ累層

全て 名詞
9 の例文 (0.00 秒)
  • ワーウィープ累層の生痕化石はワニ類のものが鳥盤類や獣脚類のものと同じくらい多い。 ...
  • 発掘場所は同じくワーウィープ累層だが、2010年にディアブロケラトプスが設立されるまで一切記載論文が書かれることはなかった。 ...
  • 化石はアメリカ合衆国モンタナ州のトゥーメディスン累層とユタ州のワーウィープ累層で発見されている。 ...
  • ワーウィープ累層では少なくとも1種類のハドロサウルス類と2種類のケラトプス類 、そして少なくとも1種類の獣脚類が知られている。 ...
  • これは2000年にネルソンによってユタ州のワーウィープ累層の中部泥岩部層のスモーキーマウンテンロード・ロカリティから発掘された。 ...
  • マカイロケラトプスはアメリカ合衆国・ユタ州のグランド・ステアケースエスカランテ国立記念公園にあるワーウィープ累層の地層から発見されたケラトプス科セントロサウルス亜科に属する恐竜の絶滅した属の一つ。
  • ディアブロケラトプス・エアトニの唯一の化石標本はアメリカ合衆国ユタ州ケイン郊外、レイクパウエル地区周辺のグランド・ステアーケースエスカランテ国立記念公園にあるワーウィープ累層で発見された。 ...
  • ワーウィープ累層は、ユタ州南部とアリゾナ州北部に跨るパウエル湖周辺にある、グランド・ステアーケース エスカランテナ国定公園に見られる白亜紀後期カンパニアンの地層である。 ...