ロシア外務省

32 の用例 (0.00 秒)
  • ロシア外務省は、ロシア連邦における外交事務を担当する中央省庁のひとつである。
  • ただし、ロシア外務省は前年の時点で既にアメリカ大統領欠席の情報を受け取っていた。
  • ロシア外務省は「ソ連による『占領』についての主張と関連するいくつかの別の主張は全ての法律的、歴史的および政治的現実を無視し、それゆえ全く根拠がないことである」と説明している。
  • 実際、6月11日には抗議がロシア外務省へ寄せられた。
  • 同所勤務での事績には『ロシア外務省史』の編纂に携わったことがあげられる。
  • ロシアを旅行するためには、ロシア外務省の公認するロシア国内の旅行代理店を通じてホテルを予約し、それを証明する書類を入手したうえでロシア大使館に提出する必要がある。
  • その他、1991年ソ連社会科学アカデミーとロシア外務省外交官養成大学でも学んだ。
  • 帝政ロシア、ソ連時代を通じてオフィシャルなローマ字表記はフランス式の綴りが採用されていたが、2000年代後半あたりからロシア外務省のパスポート発行システムの名前を管理するソフトがフランス語ベースから英語ベースに変更されたからである。
  • その後、正教の洗礼を受け、ロシア外務省の役人になった。
  • ロシア外務省はこの決議に対し、日ロ二国間の問題解決に第三者の仲介は不要とコメントしている。
  • 在職中にソ連崩壊を迎えるが、ロシア外務省にそのまま移る。
  • 結局、ロシア外務省は密函の受領は認めたものの、高宗の要請には応じない旨を清に約することで、国際問題としての密約事件は終息した。
  • 採択後ロシア外務省はウクライナとともに決議採択を主導した西側諸国を批判する声明を発している。
  • その声明では、ロシア外務省は、2月21日にドイツ、ポーランド、フランスの外務大臣が署名された「危機の解決の合意書」にはこの旨が記されているのに実行していないと主張した。
  • 樺太における日露国境画定のためにロシアに派遣された箱館奉行小出秀実と目付石川利政はロシア外務省アジア局長ストレモウホフとの間で交渉を行った。
  • この事件について、ロシア外務省のミハイル・カミーニンは領事関係に関するウィーン条約違反であるとして非難している。
  • 一方、ロシア外務省の情報報道局長ルカシェビッチは安倍内閣が掲げる積極的平和主義の意味も含め、今後どのような安全保障政策をとるかを注意深く見守る考えを示している。
  • プーチン首相は、「一般市民を投獄しており警察当局は制御不能になっている」とアメリカを批判、ロシア外務省も非難声明を発表した。
  • ロシア外務省付属の公立大学であり、国際関係および外交専門家などの養成のための高等教育機関として知られ、「KGB養成所」とも呼ばれる。
  • 同時にイスタンブルに駐屯する第1軍団の指揮を委任されたが、ロシア外務省の抗議により、外交危機を引き起こした。
  • 次へ »