ロシア内務省

27 の用例 (0.00 秒)
  • ロシア内務省の報告では年間3万4千人以上の女性がDV被害に遭う。
  • 上述の通りロシア内務省の指揮下にあるため、ロシア内務省軍とも呼ばれる。
  • クラブは内務人民委員部、後にロシア内務省の公的資金によって支援された。
  • 逆にロシア内務省に所属する国内軍の様に文民機関に軍事任務を遂行する組織がある場合もある。
  • ロシア内務省の報告によると、組織の数は5600以上にも及び、構成員の数は10万人以上である。
  • PP-93は、前作よりも成功し、ロシア内務省で使用されている。
  • ロシア内務省内における公共交通機関、公共の場の警備に関わる組織の責任者、職員の活動を見直しする必要性について捜査委員会の報道官が述べた。
  • ロシア連邦保安庁やロシア内務省傘下の準軍事機関まで含めれば、その額はさらに大きくなる。
  • ロシア内務省はチェバルクリ湖に潜水チームを派遣し湖底の調査を行ったが、水が濁っているために何も見つからなかった。
  • ロシア内務省の許可により、同連隊は、テロリスト除去のため、ロシアのいかなる地域でも行動することができる。
  • ちょうどそのころ、新聞記者のエドゥアルト・ヴィルデとアントン・ハンセン・タムサーレも同じく国粋主義の新聞を創刊しようとしていたが、は社会民主主義的な立場をとるロシア内務省は免許を交付しようとしなかった。
  • ソ連崩壊後はロシア連邦内に設けられた自治国家チェチェン・イングーシ自治共和国に奉職して、1992年にロシア内務省が設置したロストフ・ナ・ドヌ高級警察学校へ留学する。
  • 加えて、ロシア内務省の特殊部隊「ヴィチャージ」の射撃訓練で、彼の顔写真を標的に使っていたことが、イギリスの報道等で発覚している。
  • 官庁外警備とは、ロシア内務省独特の制度で、国家機関以外の組織から施設警備を請け負う業務であり、しばしば、汚職の源泉ともなっている。
  • なお、「赤軍合唱団 」の呼称はあくまで旧赤軍・旧ソビエト連邦軍・現ロシア連邦軍・ロシア内務省国内軍といった、ロシアの軍隊・準軍事組織等に属する合唱団の総称・通称である。
  • ロシア内務省はアメリカ合衆国の連邦捜査局に対して、イヴァニコフは米国におけるロシアン・マフィアの活動をまとめ、支配するために渡米したと伝えている。
  • 当初1983年にKGBやロシア連邦軍参謀本部情報総局の特殊部隊であるOSNAZに配備され、現在でもOSNAZのほか、KGBの後継機関であるロシア連邦保安庁やロシア内務省で使用されている。
  • この現状に対処するために、1992年初め、ロシア内務省捜査局が改編され、捜査の戦力支援のために戦術作戦課が創設された。
  • イギリス内務省やフランス内務省、ロシア内務省、かつての日本の内務省に代表されるように、アメリカ以外の国における「内務省」は多くが国内の治安維持・防諜・警察などの業務を所管しているのに対し、アメリカではそうした業務は司法省の管轄下にあり、内務省はこのような任務を負っていない点で大きな特徴がある。
  • ロシア内務省に証拠文書を送付したエレーナ・コロング=ポポーワというフランス人女性は、後日に次のような告白をした。
  • 次へ »