レーダー反射

67 の用例 (0.01 秒)
  • また、月の表面のレーダー反射率のデータや月面の温度を分析する装置も備えていた。
  • 尾翼がないことにより、レーダー反射断面積の面で有利となっている。
  • それらにより、レーダー反射と赤外線の放射を減少させている。
  • レーダー反射断面積の低減、飛翔速度の向上、射程延長も図られている。
  • これはレーダー反射波中のドップラー偏移を見つけ出して索敵するものである。
  • そのため、現在ではレーダー反射塗料を使うと、必ずしもその原色であるダーク系カラーになってしまうという訳ではない。
  • マクスウェル山の大部分は高い高度かつ金星において一般的な明るいレーダー反射を持つが、この現象は鉱物あるいはに起因すると思われる。
  • 「凧」は地上から気球を追跡するのに使われたレーダー反射板へのニックネームである。
  • 計画のみに終わったが、アーセナル・シップは上部構造物がほとんどなく、低レーダー反射断面積と低視認性を強く意識した設計となっている。
  • レーダー反射観測用にはアルミ蒸着フィルムのものが用いられるが、一定高度で飛行するため未確認飛行物体と間違えられることがある。
  • 南アメリカの民兵組織などがコカイン密輸用に建造し、レーダー反射が小さいため、取り締まりを困難にしている。
  • 信号灯、海面着色剤、日光信号鏡、レーダー反射板は、いずれも発見してもらうためのもの。
  • これはレーダー反射断面積のシミュレーション計算をもとに行われており、船体の各部にはレーダー波を直接反射しないようにするため傾斜がつけられている。
  • また、レーダー反射率のデータ、月面の対力構造強度、月の表面温度解析に使うための温度などの情報を取得した。
  • 排気管は車体左側の第2輪と第3輪の間に下方に向けられ熱放射を低減しており、走行音は小さくなるよう配慮され、車体形状もレーダー反射特性が考慮されている。
  • 月への衝突を計画しており、衝突前の10分間に月面の画像データを地上へ送ることや、地震計の月への硬着陸、飛行中のガンマ線データの収集、月面のレーダー反射率の研究に加え、レインジャー計画の目的でもある惑星間飛行可能な宇宙機の開発などが目的であった。
  • レーダーを注視していた調査員は「実体のある目標と、気温逆転によるレーダー反射は簡単に区別できる」と述べている。
  • この宇宙探査機は月の表面への衝突前10分間に月面画像を地上局への送信ができ、月への地震計カプセルの硬着陸、飛行期間中のガンマ線データの収集、月面のレーダー反射率の研究などができるように設計されており、月・惑星間宇宙機開発のためのレインジャー計画のテストの継続の意味があった。
  • 誘惑任務で用いられるとき、チャフは脅威レーダーからみて、防御目標より大きなレーダー反射断面積を有するように展開されなければならない。
  • 艦船や航空機に搭載されているレーダー機器から発射される電波波長領域では、現在運用されているアーレイ・バーク級に比べ、レーダー反射断面積が50分の1程度になるといわれている。
  • 次へ »