ルートから外れる

20 の用例 (0.00 秒)
  • このルートから外れる武蔵国は、碓氷峠回りの東山道に属していた。
  • この区間は、バイパスのルートから外れていて、交通量が最も少ない区間になる。
  • これにより、立川市が当国道のルートから外れる事になった。
  • 日本は渡りのルートから外れており、迷鳥としてときおり記録される程度である。
  • 日本は渡りのルートから外れているため、きわめてまれに迷鳥として記録されたのみ。
  • 日本は本来の渡りのルートから外れており、飼育されている個体も少なくないことから飼育下の個体がかご抜けした可能性も指摘されている。
  • 通常のルートから外れた位置に設置されている場合が多く、中には一度クリアした後に再び戻り、時間操作や特殊な掃除機を駆使しないと発見できないものもある。
  • 一方で、同区間において山陽新幹線や高速バスのルートから外れており直接競合しない赤間駅にも停車している。
  • 一部のトンネルが歩行者用として再利用されたほか、国道のルートから外れたトンネルが、現在でも煉瓦造りの姿をそのままに残している。
  • 開催前に行われたルート習熟のための軽飛行機による飛行も高度を稼げず、視界も悪かったため再三ルートから外れる結果となった。
  • しかし、このルート構想を実現させるためには、長大なトンネルの建設を必要とし、大規模事業になることと、井原市中心部が国道のルートから外れ、当時の 旧 井原市にとっては国道の恩恵が受けられないことで反対があり、現在のルートとなった。
  • 明治以降は周囲の市街化が進んだが、門前の通りが明治通りのルートから外れたため、閑静な趣を留めた。
  • 官営鉄道東海道線のルートから外れた三重県・滋賀県の旧東海道沿いの地域を東海道線と連絡する目的で開業したが、周辺鉄道会社を合併することで路線規模を広げ、名古屋 - 大阪間の独自直通ルート開設を実現した。
  • また、音楽カセットテープや旧式PCのようなすでに市販ルートから外れている商品も多く見られる。
  • また一方では相模地方は畿内から関東、東北地方へ向かうメインルートから外れたため、畿内からの直接的な影響力を受けなくなった結果、前方後円墳の築造が行われなくなったとの説も唱えられている。
  • 関門航路は門司港駅周辺など、関門トンネルのルートから外れた地域の住民のために運航は続行された。
  • だが、明治後半から大正にかけて、三河平野を豊川沿いに北上するように豊川鉄道・鳳来寺鉄道線が建設された際、この2つの集落は両鉄道線のルートから外れることになってしまった。
  • 明治に入っても温泉街としての繁栄は続いたが、線道路としての久住庄内線のルートから外れたこと、戦時体制の影響や昭和14年の大火災により衰退の一途を辿っていた。
  • 新浜松駅 - 助信駅間が高架化されることになり、同駅が高架ルートから外れるため1985年12月1日に廃駅となった。
  • 廃線前から十勝バスは並行する路線を運行していたが、拡充する形で早朝・深夜の増発、快速便や区間便、道路事情の関係でルートから外れる依田・北愛国経由などの系統も設定されたり、転換交付金による新車も投入された。