ルトゥリ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • そしてローマに戻ると、ルトゥリ人の住む都市アルデーアへの遠征が待っていた。 ...
  • 多くの国々が、あるいはルトゥリ人たちに、あるいはトロイア軍に味方した。 ...
  • タルクィニウスは、ルトゥリ人の都市アルデアを包囲していた。 ...
  • ラティウムの町アルデアを都とするルトゥリ族のこと。 ...
  • さて、この地から使者たちが帰国して、アエトリア人たちが援軍をこばんだという報告をもたらしたが、ルトゥリ軍は、すでに用意のできた戦いを助勢なしにはじめた。 ...
  • しかし、それに対し不満を持ったユーノーはラウィニアの婚約者だったルトゥリの王であるトゥルヌスにアエネーイスに対し戦争をおこすように仕向けた。 ...
  • ラティヌスはアエネアスと共に戦い戦場で命を落とすが、ルトゥリ人もまた敗れ去り、トゥルヌスは倒れた。 ...
  • トロイ王家の血筋とされるアイネイアースは、イタリアに到達すると原住のルトゥリ族のリーダートゥルヌスと戦った。 ...
  • 紀元前446年にアルデアとアリキアの土地を巡る紛争の仲裁に入ったローマは、トリブス民会で紛争地帯を自らのものとする不名誉な決定をしており、表向き移民としつつも、この時取り上げた元アルデア領を元の持ち主ルトゥリ人に返還するためであった。 ...
  • トロイアの塔に火災を起こさせ、トロイア軍との戦闘中にルトゥリ人とトゥルヌスは陣営の門に突入する。 ...
  • 紀元前446年にアルデアとアリキアの紛争地帯の仲裁の求められたローマは、それに乗じて紛争地帯を我が物としており、表向き移民としつつも、元アルデア領を元の持ち主ルトゥリ人に返還し、不名誉な状態を解決するためであった。 ...
  • 彼の娘ラウィーニアはルトゥリの王トゥルヌスと婚約していたが、ラティヌスはアイネイアースとラウィーニアの婚礼を進めようとした。 ...
  • 彼は一人娘のラウィーニアをルトゥリ人の王トゥルヌスへ嫁がせたが、婚姻の前にギリシャ神話に登場するトロイアの貴族アエネアスが長男アスカニウスと共に、カルタゴの女王ディードーの元から逃れてくる。 ...
  • しかし、ラウィニアの婚約者だったルトゥリ人の王であるトゥルヌスが反発し、戦争を仕掛けるも敗北し、ルトゥリ人共々エトルリア人の王メゼンティウスの下に逃げ込んだ。 ...
  • たどり着いたイタリア半島においては、ティベリス川を遡り、パラティヌス丘に住むエウァンデルと同盟を結び、土着勢力ルトゥリ族の首長トゥルヌスを倒して、ラウィニウム市を建設する。 ...