リーグ創設

98 の用例 (0.01 秒)
  • リーグ創設以来フリータウン市外のクラブが優勝したことは一度もない。
  • また、2005年にはリーグ創設10周年を記念したに選出されている。
  • リーグ創設以前の野球のスター選手だった。
  • リーグ創設期には数々のタイトルを獲得しているものの、近年は下部リーグでのプレーが多い。
  • 学生時代サッカー部に所属し日本リーグ開始当初からチームを参戦させJリーグ創設の礎を構築した。
  • この12クラブは後にフットボール・リーグ創設メンバー12チームとなった。
  • 森健兒と木之本がいなければJリーグ創設はなかったと言われる。
  • 中心選手として全国リーグ創設前の日立を支えた。
  • トップリーグ創設時のクラブのひとつであり、現在まで一度も下位リーグに降格したことがない。
  • Jリーグ創設時からの加盟チームの一つである。
  • Jリーグ創設時からの加盟チーム「オリジナル10」の一つである。
  • Aリーグ創設時の参加クラブは全8クラブであったが、当初より参加クラブ数を増やすことが検討されていた。
  • 東都リーグ創設校の中で唯一、一部優勝経験がない。
  • プロ・リーグ創設のアイデアは、完全プロの選手の導入と地方のサッカークラブの支援というふたつの目的から生まれた。
  • 第1次世界大戦の敗戦により帝国が解体すると、それぞれの国でプロリーグ創設の動きが始まった。
  • Jリーグ創設以来、サポーターナンバーを除いては初の永久欠番となった。
  • また、戦後に順次独立して後に単独の代表権を得た地方のリーグでも、元の地区連盟内で分かれたリーグ戦を開始した年をリーグ創設とするところもあれば、リーグ戦・代表決定戦の経緯があってもあくまで全日本大学野球選手権大会での単独代表権を得た年を創設年としている場合もある。
  • Jリーグ創設後、チーム史上最低の成績を記してしまった。
  • 特にJリーグ創設以降はサッカーに特化している。
  • なおこの間、社会人リーグ昇格を急いだのは古川が全国リーグである日本サッカーリーグ創設の構想を早くから知っていたからである。
  • 次へ »