リングにかけろ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ほか、ボクサーそのものの選手や、リングにかけろを意識したと思われるシーンも見られる。 ...
  • 「リングにかけろ」に登場したギリシアボクサーと同名の者が多数登場するが、一部は本作において新たに登場。 ...
  • 「カイザーナックル」と呼ばれることもあるが、これは漫画『リングにかけろ』に登場した同形状の武器の名称から来ている。 ...
  • ボクシングをテーマとした内容で、車田の作品『リングにかけろ』の続編である。 ...
  • ペンネームの由来は『リングにかけろ』の主人公・高嶺竜児である。 ...
  • なお、1970年代後期にはボクシング漫画『リングにかけろ』のように理論構築、必殺技の開発、自己の修練などの過程を省略し勝利という結果のみを誇張して伝える作品が登場した。 ...
  • 小学生時代、友人から車田正美の漫画『リングにかけろ』を読み、影響されて模写したことがきっかけで漫画家を目指す。 ...
  • 同名の漫画『リングにかけろ』を原作としたアニメ『リングにかけろ1』とのタイアップ機。
  • 大人気を博した『リングにかけろ』の次の連載作品。 ...
  • この系統のキャラはのち『リングにかけろ』などに受け継がれ、週刊少年ジャンプの美少年キャラの走りとなった。 ...
  • これらのポーズは、荒木が20代のときに『北斗の拳』『リングにかけろ』『キャプテン翼』などの強い個性を持つ当時の『ジャンプ』連載陣の中で自分の独創性を模索していた頃、イタリアの彫刻芸術からヒントを得て作り上げられたものだという。 ...
  • 作者の車田の過去作『リングにかけろ』や『風魔の小次郎』とは違い、超人的な描写は少ない。 ...
  • ちなみに「ブーメランフック」という異名は、セフォーの強烈なフックを見た格闘技通信の記者が、漫画リングにかけろの主人公・高嶺竜児の必殺技であるブーメランフックを重ね合わせて記事を書いて以来、セフォーの必殺技として定着した。 ...
  • ペンネームは車田正美作『リングにかけろ』の登場人物である高嶺竜児、河合武士、剣崎順を合わせて名づけられた。 ...
  • それ以外にも「サーキットの狼」・「ドーベルマン刑事」、「リングにかけろ」、「コブラ」などがヒット。