リンキン

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は包み紙の中でべたべたになる林檎糖りんごとうのように汗をかいているからだ。 ...
  • お姫さまがまえに出てきて、騎士たちのあいだに金の林檎を投げました。 ...
  • 一人の紳士など顔先へ林檎の袋を突きつけられてビックリしてゐました。
  • 林檎りんごを買うことを忘れてはならん」と男はときどきひとりごとを言う。 ...
  • ふたたび月が満ちて満月に近くなり、緑色の林檎のように空にかかった。 ...
  • これほどまでに見事な林檎をいま自分は初めて見る、と十歳の僕は思った。 ...
  • 葉介は二つに切った林檎をまた二つに切り、それを神経質に五等分した。 ...
  • かつての林檎のプレゼントについて、僕はさきほどから思い出している。 ...
  • 始めは林檎りんごほどな大きさのものがだんだん小さくなっていちごほどになります。 ...
  • そして次の日、林檎の入ったその箱を、僕は姉のいる家まで持っていった。 ...
  • そこにはまだ二十前の、林檎のやうな頬をした少年の顔が浮んでゐた。 ...
  • 姉の誕生日のプレゼントはこの林檎をおいてほかにない、と僕は思った。 ...
  • ちゝ食後しよくご林檎りんごかはいてゐるのに、三千代みちよはまだはしうごかしてゐた。 ...
  • 雷太とモモ太は村に続く道に出るため広大な林檎りんご畑を東に向かって歩いた。 ...
  • 先ほど近所で買ってきた林檎を三つ、ベッドの横の台の上に並べた。 ...
  • 落ちた林檎を山に積みあげてから、娘はまた先へと歩いていきました。 ...
  • 林檎りんごは軒先に近くて、その葉の影が部屋から外部そとを静かにして見せた。 ...