ラーコーツィ家

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 次の公はラーコーツィ家からラーコーツィ・ジグモンドが選出された。 ...
  • 反乱が失敗に終わった後、ラーコーツィ家の膨大な財産は没収された。 ...
  • 橋の名前はラーコーツィ家から取られている。 ...
  • ラーコーツィ家はカルヴァン派信徒として有名で、カルヴァン派教会の熱烈な支援者として知られていた。 ...
  • へジャリャ地方はラーコーツィ家の所領の一部であった。 ...
  • この反乱軍を指導していたのは、ラーコーツィ家の元農奴エセ・タマーシュと、農民上がりの元役人キシュ・アルベルトだった。 ...
  • しかし1657年に大洪水時代に乗じて行われたポーランド遠征の惨憺たる失敗が原因となり、1660年にオスマン帝国から廃位された父は戦死、ラーコーツィ家の出身者がトランシルヴァニア公の座につくことを禁じた。 ...
  • ハプスブルク家から見ればラーコーツィ家は反逆者の家系でもあり、エルジェーベトの事件の背景には、ハプスブルク家とマジャール貴族層の長年にわたる確執と政治的駆け引きが絡んでいた可能性は考えられる。 ...
  • ラーコーツィ家はムンカーチを本拠とする裕福な貴族家門だったが、由緒ある王侯の家柄とは言えない成り上がり者だった。 ...
  • 夫は17世紀にトランシルヴァニア公位を世襲していたラーコーツィ家の当主で、1703年よりハプスブルク家の統治に反旗を翻して、ハンガリーの独立反乱の最高指導者となった。 ...
  • 翌1630年にカタリーナは退位、新たにラーコーツィ家からラーコーツィ・ジェルジ1世が選出され、ベトレンと並ぶトランシルヴァニアの全盛期を築いた。 ...
  • ラーコーツィ家は父のみならず、高祖父ラーコーツィ・ジグモンドを始め曾祖父のラーコーツィ・ジェルジ1世、祖父のラーコーツィ・ジェルジ2世もトランシルヴァニア公に選ばれた名門の家柄だった。 ...
  • 上ハンガリーのハプスブルク軍司令官ドーチ・アンドラーシュは、ラーコーツィ家とベトレン家の仲を裂こうとして、フェルディナーンド2世を動かしてラーコーツィの領地をベトレンに与えさせようとした。 ...
  • right|230px|thumb|ラーコーツィ・フェレンツ2世 1676年、ラーコーツィ・フェレンツ2世は名門貴族のラーコーツィ家出身でかつてのトランシルヴァニア公ラーコーツィ・フェレンツ1世とその妻ズリーニ・イロナとの間に生まれた。 ...
  • thumb|200px|ラーコーツィ・フェレンツ2世 ラーコーツィ家は、13世紀から18世紀まで続いたハンガリー貴族の家系。 ...