ラファイエット級

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • これにより、船価はラファイエット級の3分の1程度に抑えられた。 ...
  • 原型艦であるラファイエット級は、後方警備という性格から、いかなる対潜兵装も搭載していない。 ...
  • 原型となったラファイエット級は、植民地警備などを主任務として対潜戦闘をまったく考慮しないなど、シーレーン防衛に使える汎用艦としての運用を求めていた台湾海軍の要求に合わない点があった。 ...
  • トライデントC4は射程延長が最重要ではあったが、ラファイエット級などのポセイドンC3を使用している戦略ミサイル原潜への搭載が考慮されていたため、弾体の大型化による射程延伸を図ることはできなかった。 ...
  • 本級はポラリス A-2潜水艦発射弾道ミサイルを搭載できることを除いてはラファイエット級と同一であった。 ...
  • この1回の航海はラファイエット級までは60日程度であったが、オハイオ級は大型で居住性が若干改善されたため航海の期間も若干延び、70日から90日程度になった。 ...
  • 基本的な設計はラファイエット級のものが踏襲されているが、原型艦ではマックを2本設けていたのに対し、本級では煙路は後檣に集中配置されているほか、対空捜索レーダーと多機能レーダーを装備する必要から艦橋構造物上にもマストが設けられて、3本マストとなった。 ...
  • ヴァンガード級は、ヴァリアント級やアメリカ海軍のラファイエット級を元に設計された前のレゾリューション級と異なって、弾道ミサイル原子力潜水艦として初めから設計が行われた。 ...
  • 本級は、ラファイエット級をもとに、艦対空ミサイル装備の強化と多機能レーダーの装備、主砲の換装、水測装備・対潜兵器の搭載などの改良を施した発展型である。 ...
  • 外径が54 inchから64 inchに大きくなったため、既存のポラリス搭載潜水艦であるラファイエット級弾道ミサイル搭載原子力潜水艦にポセイドンを搭載するためには、潜水艦のミサイル搭載区画を改修する必要があった。 ...
  • しかし実際の契約文書調印が行われたのは1994年11月22日であり、「サワリ-2」計画のもと、フランス海軍向けのラファイエット級をもとにした発展型であるF-3000S型2隻が発注された。 ...
  • 原型艦であるラファイエット級は、トムソンCSF社の輸出用戦術情報処理装置であるTAVITAC 2000を逆輸入して、SENIT 7として搭載している。 ...
  • 本級はジョージ・ワシントン級、イーサン・アレン級、ラファイエット級、ジェームズ・マディソン級と共に「自由のための41隻 41 for Freedom」と呼ばれた。 ...
  • 本級はジョージ・ワシントン級、イーサン・アレン級、ラファイエット級、ベンジャミン・フランクリン級と共に「自由のための41隻 41 for Freedom」と呼ばれた。
  • 海軍は、チャレンジャー級潜水艦を4隻、ラファイエット級をベースとして設計されたフォーミダブル級フリゲートを6隻、ヴィクトリー級ミサイルコルベットを6隻、フェアレス級ミサイル艇6隻、哨戒艇を23隻、そして戦車揚陸艦4隻を保有する。 ...