ヨーロッパ原産

76 の用例 (0.00 秒)
  • ヨーロッパ原産で日本には明治時代に観賞用に導入された帰化植物である。
  • ヨーロッパ原産のチョウだが、現在は中央アジアや日本にも分布している。
  • ヨーロッパ原産であるが、観賞用あるいは薬用に世界中で広く栽培される。
  • ヨーロッパ原産とされるが、西アジア起源が指摘されている。
  • 観賞用に栽培されているものの多くはヨーロッパ原産のドイツスズランである。
  • これらの植物の多くはヨーロッパ原産のものではない。
  • その名前が示すように本来はヨーロッパ原産とされるが、人間や物の移動に伴って世界中に広がった。
  • ヨーロッパ原産で、北半球の温帯から亜寒帯に約50種が分布している。
  • ヨーロッパ原産で、日本では外来種として一部地域で定着している。
  • 一九三六年九月にグアム島に降った魚は、ヨーロッパ原産の淡水魚だった。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • この種もヨーロッパ原産で日本や北アメリカなどに広く帰化しており、日本でもよく見られる。
  • ヨーロッパ原産だが、各地に導入され、世界中に広く分布する。
  • ヨーロッパ原産であるが、日本や北アメリカなどに帰化植物として定着している。
  • ヨーロッパ原産で、日本を含む世界の温帯地域に外来種として定着している。
  • ヨーロッパ原産であるが鑑賞用によく栽培されている。
  • ヨーロッパ原産で世界各地に広まったと考えられている。
  • ヨーロッパ原産で、1967年に長野県で確認され本州から九州で帰化している。
  • なお、これら野生種の多くはヨーロッパ原産であるが、現在は条約により輸入できなくなっている。
  • 南ヨーロッパ原産で原産地では多年草であるが、日本では秋蒔き一年草として扱う。
  • ヨーロッパ原産だが、日本にも外来種として広く定着している。
  • 次へ »