ユーロゲーム

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ユーロゲームが本来遊び手として想定しているようなファミリー層に対するアピールが出来てないという指摘もある。 ...
  • 日本において「ユーロゲーム」と呼ばれるこのジャンルはドイツ語ではSpielと呼称することが一般的である。 ...
  • その後は、いわゆるユーロゲームなど、従来の伝統ゲームの枠にとらわれないゲームが次々と考案されている。 ...
  • ユーロゲームは、多くのボードゲームより幸運のファクターがやや少ないことがしばしば存在することについて有名である。 ...
  • Autorenは「著者」を意味するドイツ語であり、現代的なユーロゲームではゲームデザイナーの個性が重視されているためにこのような呼称がつけられている。 ...
  • 本項で詳述する「ユーロゲーム」とは、後述する特徴を持つ非電子型のテーブルゲームのことである。 ...
  • ユーロゲームもしくはドイツゲームとは、1990年代中盤から現在までに発売され、世界的な人気を獲得した独特のテーブルゲーム群。 ...
  • その流れに乗って、テーブルトークRPG雑誌でユーロゲームの紹介が行われるようになり、アナログゲームを扱うホビーショップやインターネット上の通信販売サイトなどでは日本語翻訳ルールをつけた海外ゲームの輸入販売が行われるようになった。 ...
  • これらのことから「日本語翻訳つきゲーム」のユーザーの入手しやすさは序々に広がっていき、多数のユーロゲームを日本人でも遊べる環境が整えられた。 ...
  • 数多くのユーロゲームを輸入し、日本語翻訳ルールを添付しての販売をはじめ、ボードゲーム文化をかろうじてつなぎ止めることとなる。 ...
  • 「ユーロゲーム」は、一般に以下のような特徴を持つ。 ...
  • しかし、この間、密かに独自の発達を続けていたのが、本項で採り上げる、いわゆる「ユーロゲーム」であった。 ...
  • その後、自身が編集する、ユーロゲームを主体に紹介するボードゲーム雑誌『Game Link』を創刊した。 ...
  • ただし、アナログゲームであってもテーブルトークRPGやトレーディングカードゲーム、ウォー・シミュレーションゲームはドイツ製のものでもドイツゲーム・ユーロゲームの範疇に含まれないことが多い。 ...
  • 「ユーロゲーム」と呼ばれるものは狭義の「ボードゲーム」にとどまらず、カードゲーム、ダイスゲーム、立体ゲームといった非電子型のテーブルゲーム全般を含む。 ...