ヤシの木陰

14 の例文 (0.00 秒)
  • ヤシの木陰にベンチがあり、赤ん坊を抱いた母親や老婆が腰かけている。 ...
  • その証拠に、ヤシの木陰で憩う患者さえ堂々としているではないか。 ...
  • ヤシの木陰にいた警備員がじっとこちらに眼を向けている。 ...
  • ヤシの木陰に立っていた警備員が、分かったというようにうなずいた。 ...
  • 四、五十メートル離れたヤシの木陰に警備員が立っていた。 ...
  • 夫が魚の網の手入れをしたり、ヤシの木陰でぼんやりしたりして過ごす日中、妻は近所の女たちとテレビを見て過ごす。 ...
  • ヤシの木陰のむしろに腰をおろした老首長は、私に話した。 ...
  • ヤシの木陰で、黒々とした平たい石が、じっと海をにらんでいた。 ...
  • ヤシの木陰から小さな人影が砂浜にころがり出て、止まった。 ...
  • 返ってくる答えは一様に、盗賊とうぞくの一団に給仕きゅうじするよういられました、くさりをかけられた身なりのよい若者がヤシの木陰こかげすわって見まもっていました、というものになるでしょう。 ...
  • ヤシの木陰を通り抜けたあと、左右は雑木林に変わった。 ...
  • 彼がたたずむヤシの木陰の真ん前の浜辺では、日本からのハネムーン客がキャッキャッと戯れ合っている。 ...
  • 舟遊び中の恋人たちは必死に漕いで脇に避け、ビーチ・マットに寝そべっていたカップルは飛び起きて砂につんのめりながら走りだし、ヤシの木陰でイチャイチャしていたふたりは、ヒィィ! ...