モ作

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • といった執筆当時に流行していた題材をも作中に取り入れている。 ...
  • 此場合は間違ふ人もない筈だが、一応は反対論も作つて見ねばならない。 ...
  • 存在が指摘されながらも作中に登場しないスタンドに関しては記述していない。 ...
  • そこから少しでもさくをあげて、暮しのたしにしようとしたのである。 ...
  • そうでなくても作左衛門と万兵衛のつき合いはもう三十年余にもなる。 ...
  • それはあまりにも作者に即しすぎていて、作者一人の眼によってしか現実が見られていない。 ...
  • こっちは、演出も作も責任が無いといふことで救はれたものと思ふ。
  • 現在の能面の制作は、古面の模作面を作ることが主流である。 ...
  • 此は、殆ど、反閇ヘンバイ及び踏み鎮めの舞ばかりを、幾組も作つてゐるのです。 ...
  • 旗も立てたしアーチなども作つてその下を通るやうにし、花火もたくさんあげたのです。 ...
  • さらに、いわゆる愛国者たちの側からも作者に非難があびせられることと思う。
  • いくつも賞をとった作品でも、多くの模作が発表されるうちにその新鮮さを失い、古典としての評価を与えにくいこともあります。 ...
  • 作の結果から見れば古典になりっこのないのはわかるが、一つでも作をするとき、そこまで深い愛と責任を持ち得ないのは悲しい芸術家の商業化だ。 ...
  • 兄のは詩人・学者・随筆家であり、弟のも作家である。
  • 二十七といえば、子供の二人も作つていていゝ筈だ。 ...
  • 退場後も作外のイラストなどに多数描かれており、執筆時の画風を反映した容姿となる。 ...
  • 石道のものは単純な線のものが多かったので模作は簡単で、そのため石道の価値はだんだん低くなっていった。 ...