モヒカン族の最後

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • これらの移動は「モヒカン族の最後」の説話の由来となった。 ...
  • しかし、それにもかかわらず『モヒカン族の最後』は現在でもなおアメリカ文学において大きなウェイトを占める作品として認められている。 ...
  • 生物はたいてい一種族の絶滅ということを誰に知られることもない寡黙のうちに遂げ、気がついたらいなくなってしまったということになるもので、落日の悲劇はけっしてフェニモァ・クーパーの『モヒカン族の最後』のような形をとらないものであるが、このハトだけは最後の最後の一羽が息絶えた日も時間も場所もわかっている。 ...
  • ターナーは、『モヒカン族の最後』でも彼女を起用し、が想いを寄せる女性の役を与えたが、このふたりは後に実生活でも結婚することになった。 ...
  • 著作『モヒカン族の最後』は『ラスト・オブ・モヒカン』などとして映画化されている。 ...
  • 主人公をたすける重要な助っ人として、モヒカン族の最後の酋長チンガチグックも活躍する。 ...
  • 少なくとも1950年代の時点で、漫画以外の分野の作品の漫画化が行われており、1953年には杉浦茂により小説「モヒカン族の最後」の漫画化が行われ、翌1954年には映画「ゴジラ」の漫画化が複数の作者により行われている。 ...
  • 原題は「モヒカン族の最後の人」という意味で、アンカスのことだが、日本では一貫して「モヒカン族の最後」と訳されてきた。 ...
  • 判事デイビッド・ロアラーがジェイムズ・フェニモア・クーパーの歴史小説「モヒカン族の最後」にブラックホークの名を見つけてこのホークアイ・ステートという愛称を提案したと言われているが、エドワーズは1838年に「せめて老いた酋長の名だけでも忘れ去られないように」と、この愛称を提案していた。 ...
  • この砦は、1757年のウィリアム・ヘンリー砦の戦いで、降伏したイギリス兵にインディアンたちが残虐な行為を働いたことで有名で、この残虐行為は、1826年1月に初版が出版された、ジェームズ・フェニモア・クーパーの『モヒカン族の最後』のテーマとなった。 ...
  • また、ジェイムズ・フェニモア・クーパーの『モヒカン族の最後』に基づいたオペラを書いた。 ...
  • ジェイムズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』、アレクサンドル・ブロークの詩『スキタイ人』などでは、戦闘や復讐における残忍さも、自然力と無秩序のあらわれとして理解されている。 ...
  • ジェイムズ・フェニモア・クーパーの同名小説『モヒカン族の最後』の映画化。 ...
  • thumb|『モヒカン族の最後』全編 『モヒカン族の最後』は1920年に公開されたアメリカのサイレント映画。 ...
  • また、コミカライズ作品では『モヒカン族の最後』、『ゴジラ』、『大あばれゴジラ』がある。 ...