モチゴメ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • もちつきロボットに餅をつかせるための餅米を作るのに使用された。 ...
  • 妻・君子は餅米と磨いでいたが、体調不良の為、火鉢に当たって休んだ。 ...
  • 朝文さんが土産と言って、餅米を一包み持って来てくれる。 ...
  • ただし、近年では餅米と表記されていることもある。 ...
  • 正月を迎える餅がない年には、匿名で餅米を差し入れた友人もいた。 ...
  • 甘酒なら米と餅米ででけちょりますもんね、栄養があるとでしょうが。 ...
  • 餅米を焼き上げた城下かれいの形の皮に粒餡を詰めた最中である。 ...
  • 貧乏長屋びんぼうながやには、いっぺんに大量の餅米をすことのできる大きなかまどがない。 ...
  • 餅米は餅屋で蒸してもらい、あとは長屋の住人がついて、餅にして持って帰る。 ...
  • 血のほかには香味野菜や餅米、あるいは麺類を具として加える。 ...
  • 餅米を原料とすることは、当時すでに「粟飴」として知られていたことと米穀流通を管理する藩令に抵触する恐れがあったため秘密にされたという。 ...
  • 蒸した餅米に麦芽と湯を加え、麦芽酵素によって餅米の澱粉を糖化させる。 ...
  • 住人たちは出航に合わせて餅を作る予定をしていたが、急遽、小豆と餅米を一緒について渡した。 ...
  • しかし、その地質から餅米を除く稲作を行う事は出来ず、全てを他所からの輸入に頼らざるを得なかった。 ...
  • 現在も昔ながらの製法で作られており、地元新潟産の良質な餅米をはじめ厳選された各種素材を使用している。 ...
  • この秋出来の餅米を、ばさまにお初穂につて、ちつとべ調製して、おつかと俺で今朝ついた。 ...
  • 彼は、正月の餅米をどうしたものか、と考えた。 ...