メルツェデス

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は干柿色のメルツェデスまで行き、後ろのドアを開けて待った。 ...
  • 後方のハイエースが、これでもう数分間、メルツェデスを煽りつづけていた。 ...
  • 車線に出るには、メルツェデスの尻が邪魔だった。 ...
  • アントニオはメルツェデスで行くほうがよく休めるだろうと思ったので、ビルとわたしは闘牛場からまっすぐテルエルへ向かうことにした。 ...
  • バート・エルフェルドの迎えのメルツェデス六〇〇リムジーンが三台、空港のなかまで入って待っていた。 ...
  • 門の左手に小屋があり、右手のカー・ポートに瀟洒しょうしゃなメルツェデス一九〇SLのフィックスド・クーペが置いてあった。 ...
  • こちらが完全に止ってしまうと、音もなくメルツェデスの窓が上がり、ブロンズコーティングした硝子に男が顔を隠した。 ...
  • メルツェデスのドアが鳴った。 ...
  • 後ろから来ていたハイエースのヴァンが、そのままの車線、そのままの速度でメルツェデスを追い抜いて行き、ほんの一車身先で急ブレーキを踏んだ。 ...
  • 自動車評論家の徳大寺有恒や作家で評論家の五木寛之らの著書、一部自動車雑誌などでは、「メルツェデス」という表記を用いていることがある。 ...
  • 鍵をかけていると、背後のメルツェデス600から、運転手のお仕着せを着た男が顔を覗かせ、車内で待たなければ駄目だと呶鳴った。 ...
  • 志垣のメルツェデスはウィンドゥ全部に特殊加工がほどこされ、まるでジャン・ギャバンがサングラスをかけたようだった。 ...
  • 彼の尻すれすれを、鈍銀色のメルツェデス300SEが走り抜けた。 ...
  • 「本当に、直哉さんのために来たんですか」 傑は、コンコースを巡る車の流れに混じったメルツェデスから眸を離さず、助手席に尋ねた。 ...
  • メルツェデスも多かった。 ...