メリー喜多川

7 の用例 (0.00 秒)
  • 姉はメリー喜多川、兄はNASAでアポロの設計もしていた科学者だったが1980年代に50代半ばで逝去している。
  • なお、ジャニーズ事務所の社長・副社長であるジャニー喜多川・メリー喜多川姉弟が終戦前に帰国した際、大谷の元に身を寄せ面倒を見てもらっていた。
  • 姉のメリー喜多川は、1950年代から四谷三丁目の円通寺坂入口右手の角にあった「スポット」という名のカウンターバーを経営しており、バーの客だった東京新聞記者の藤島泰輔と結婚した。
  • この日は、副社長のメリー喜多川が初めてステージに上がり、「これから頑張っていこうね」と言いながらメンバーたちと抱き合って泣いた。
  • この歌詞がお蔵入りされていた理由は、副社長のメリー喜多川が1989年に川内より「近藤にぜひ歌わせたい」とこの詞を渡された際、1986年に実の母親が亡くなったことなどもあり「歌わせられない」と判断したため。
  • ジャニー喜多川とメリー喜多川姉弟は「タイガーズやテンプターズなど、他の人気グループと違い、フォーリーブスはグループ内にスター的存在のメンバーを作らない」「言うなればメンバー全員がスター」という確固たるポリシーを結成当時から一貫して持ち続けていた。
  • テレビ初となる松本隆との対談や、吉田拓郎の寄稿、メリー喜多川が筒美に宛てた直筆の手紙なども紹介された。