メディキュボイド

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 彼女がいなければ、メディキュボイドの実用化は確実に一年は遅れたでしょう。
  • メディキュボイドの臨床試験も、彼女には計り知れない苦痛を与えたはずです。
  • 以前に見たときは、少女の頭をほぼ覆い隠していたメディキュボイドが、その長方形の筐体を二つに分離させていた。 ...
  • メディキュボイドは、開発された時期的に、アミュスフィアではなくナーヴギアの発展形なのだろう。 ...
  • メディキュボイドに数年間も連続接続しつづけた一人の少女によって提供された、膨大なまでのデータを基にラースと比嘉タケルがSTLを完成させた。 ...
  • だから、メディキュボイドに入ってからも、そんなふうにしか振舞えなくなっちゃったのかも。 ...
  • あいつが自殺するのに使ったマシンは、メディキュボイド、そしてSTLの言わば原型だ。 ...
  • しかし、この黒いピラミッドの奥で、茅場晶彦の遺したナーヴギアと、それを凛子が発展させたメディキュボイドから産まれた因縁のマシンが息づいているのは最早事実なのだ。 ...
  • 思えば、茅場晶彦が自らの命に幕を引くために使った高密度・高出力の大脳パルス走査機こそがメディキュボイドの原型であり、ひいてはソウル・トランスレーターの原型である、ということになる。 ...
  • その基礎資料を託された凜子が、医療用高精度NERDLESマシンたるメディキュボイドを開発し。 ...
  • 「ご覧のとおり、メディキュボイド試験機は非常に精密でデリケートな機械です」 しばし沈黙していた倉橋医師が、ふたたび話しはじめた。
  • 第一世代の大型アミューズメント機、第二世代のナーヴギアやアミュスフィア、そして第三世代の医療いりょう用機メディキュボイドと進化してきたフルダイブマシンは、もちろん使用する人を選びはしないが、それでもある程度の適応性というやつが存在する。 ...
  • 比嘉は、他のラース技術者らと力と知恵をあわせ、ナーヴギア、メディキュボイドと続いた脳インターフェースマシンの最終形・ソウル・トランスレーターを生み出した。 ...
  • プローブ内部のレンズとマイクに収集されたデータは、明日奈の携帯を介してネットに流され、横浜港北総合病院のメディキュボイドを経由して仮想空間内のユウキに届くという仕組みである。 ...
  • ソウル・トランスレーターは、その方向性こそまったく新しいものだけど、アーキテクチャ自体はメディキュボイドの延長線上にある。