メイン司会

112 の用例 (0.01 秒)
  • 第7期からは再び男性アナウンサーがメイン司会を務めるようになった。
  • 東がテレビ番組のメイン司会を務めるのは本番組が初である。
  • 毒蝮のメイン司会は1977年までで、後継は鈴木ヒロミツが担当した。
  • メイン司会は、フリーアナウンサーの宮根誠司が担当していた。
  • 同局のアナウンサーが全国ネット番組でメイン司会を務めたのは桑原が初である。
  • 太文字の女性アナウンサーが、その曜日のメイン司会を務める。
  • 本番組ではB&Bがメイン司会を務め、松永二三男が実況を担当していた。
  • メイン司会を務める三四六を中心に、abnのアナウンサーなどが長野県の様々なジャンルのあらゆる情報を提供していく。
  • NHKの女性アナウンサーがバラエティ番組のメイン司会を務めるというのも初めての試みであり、当時大きな話題を呼んだ。
  • メイン司会も以後は大竹に替わって峰竜太が務めるようになった。
  • 担当番組以外でも、本来の女性担当者が出演できない時に代打出演することが多かったり、特別番組でもメイン司会・パーソナリティを務めることが多かった。
  • メイン司会のとんねるずは、本番組の企画・構成にも携わる。
  • なお、メイン司会以外は必ずしも下表の通りとは限らず、スケジュールの都合によっては別のアナウンサーが出演する場合もある。
  • また、メイン司会のタモリの名キャラクターのひとつ「大魔神子」は当番組で誕生した。
  • 初めてのメイン司会のこの番組が3か月で打ち切られたという不幸話を披露し、見事合格で賞品を獲得した。
  • メイン司会は上岡龍太郎、アシスタントにはドラマで活躍する20歳代後半の実力派女優を中心に起用していた。
  • 実際の進行はナビゲーターの2人が務めていたため、メイン司会の2人はコメンテーター的な役割だった。
  • また、今期より男女の役割が再び入れ替わり、男性アナウンサーがメイン司会を務めている。
  • 渡辺と鳥越がメイン司会で、ダウンタウンの2人は補佐として出演していた。
  • 山口智充と道重さゆみをメイン司会に進行していく。
  • 次へ »

メイン司会 の使われ方