ムーダン

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 最もポピュラーなものは、ムーダンに頼んでお守りを作ってもらう方法である。 ...
  • とくにムーダンなどにたのまずに、自分ひとりでやるおまじないもある。 ...
  • 彼女に聞いてはじめて知ったのだが、彼女の母親はムーダンという、いわば占いのようなことをやって生計をたてていた。 ...
  • 戦前の資料によれば、ムーダンの男女比には地域性があり、男性が主流の地域もあれば、女性が多い地域もあった。 ...
  • まるで、神がかったムーダンにも似た彼女の面持ちが哀れで、私はつい、聞くまでもないことを彼女に聞いていた。
  • パンソリの生まれた背景には、朝鮮半島南部に多いムーダンによるクッにおいて、巫楽の伴奏とともに歌い語られる祈祷歌があるとされる。 ...
  • 朱子学が国教とされた李氏朝鮮時代はムーダンが賎民とされるなど蔑視され、戦後は古い迷信として衰退したが、近年の国家主義的価値観とも連動し、巫俗こそが朝鮮固有の宗教であるという思想が生まれ、表舞台に近年しばしば取り上げられることとなってきている。 ...
  • 正式な国教と呼べるものは儒教の朱子学ではあったが、土着・民間信仰としての巫俗は淫習とされ巫女であるムーダンが賎人とされるなど蔑視されたが根強く残った。 ...
  • 八道ムーダンの祖先とも、高麗の太祖王建の母ともいわれる。 ...
  • 男性のムーダンはパクスともいう。 ...
  • ソヌは学業不振だが腕っぷしが強く、損得抜きに人助けをせずにはいられない性分であるのに対して、ジャンイルは成績優秀だが、一目ぼれしたスミとのデートの約束を、スミの父が世間から白眼視されるムーダンであることを知るとすっぽかすような男である。 ...
  • 戦後のムーダンは女性が多く、降神巫と世襲巫がある。 ...
  • 智異山に存在した山神智異山聖母が八道ムーダンの祖先とも高麗の太祖王建の母ともいわれる。 ...
  • また登場する除霊師には宗教の隔たりが一切なく、大乗仏教の禅宗、日本神道の神官、沖縄のユタ、修験道の山伏から韓国祈祷師のムーダンや科学的に除霊を行う研究チームに至るまで様々な種類の除霊師がクライマックスで集結する。
  • シベリアのヤクート人、南米のグアジロ・インディオ、ズールー人、ケニアのキクユ族、韓国のムーダン、インドネシアのメタワイ島に住む人々、カリブー・エスキモーなどの文化には、生命を脅かす病に倒れ、死後の世界を訪れたのちに、シャーマンになったという人々の言い伝えが残っているとされる。 ...