ムガ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 中世の市街地はムガ川に三方を囲まれており、北東方向にはが存在した。 ...
  • ところが幼年学校出の指導者は我の発見以前に無我を主張したんだよ。 ...
  • 彼の顔は、死のうちにも、幸福な無我の境にいるような表情を残していた。 ...
  • 無我の法の発見は、恐らく釈迦を少しも安心などさせなかったのである。 ...
  • これは次年の菅茶山の手紙の考証に資せむがために記して置くのである。 ...
  • 指導者の手を借りてでないと、彼女は無我の境に入ることが出來なかつた。 ...
  • われは他の衆我をして相見えしめむがために文學的博物場を開いたり。 ...
  • 二日前までならばわずかな手数料ですむが、それ以後は三割もとられる。 ...
  • たしかに無我の実現は、日常生活のなかで実践されるしかないであろう。 ...
  • しかし夢中になつてをるその仕事に対しては、決して無我ではない。 ...
  • 仏教では魂が存在しないという無我の立場を取るためである。 ...
  • 無我の境に入ったためか、隣の声は耳から消えたようであった。 ...
  • 男なら顔や体に傷が残ったところで勲章ですむが、女はそうもいかん。 ...
  • この女色を愛している中に、無我の本体に到達して大菩提性を得るのである。 ...
  • 国内の戦いなら、恭順恭順でただですむが、外国が相手だと、金がいる。 ...
  • これは蘭軒の名が一時いかに深く埋没せられてゐたかを示さむがためである。 ...
  • 無我夢中ってのはこういうことだ、と思ったのしか覚えていない。 ...
    アマゾンで検索:ムガ