ミルキングパーラー

5 の例文 (0.00 秒)
  • 現在、日本では、畜舎内に走るパイプラインと牛の乳房をミルカーで接続して搾乳するパイプライン方式が普及しているが、規模拡大傾向に伴い、牛を搾乳室に集約して効率的に搾乳するミルキングパーラー方式や搾乳作業を自動化して省力化を図る搾乳ロボットの導入も増えている。 ...
  • 牛が放牧場やミルキングパーラーへ出ている間に牛舎の清掃を行うことで、衛生管理が格段に良好になった上、自動化が進み、酪農家の労役も軽減している。 ...
  • 後年には、パイプラインミルカーやミルキングパーラーなどの搾乳機・施設のほか、搾乳ロボットを用いる搾乳の自動化により、搾乳作業は機械化されている。 ...
  • 日本では通常、年中無休で1日2回の搾乳が一般的であるが、1日1回搾乳や季節繁殖による夏期を中心とした搾乳、先に挙げた従業員交代制による1日3回のミルキングパーラー搾乳や1日に複数回の搾乳を行う搾乳ロボットなど搾乳方式は多様化しつつある。 ...
  • ミルキングパーラーで搾乳する大規模な酪農家や搾乳ロボット農場、農事法人の酪農関係部署での導入が多い。 ...