ミヤケ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 銭湯の向いにミヤケ薬局があり、そこの主人は永助と同じ年で町会の幹事にあげられていた。 ...
  • 顔を上げて枝の間から見ると、黒いミヤケガラスがただ一羽、早朝の空高くゆっくりとはばたいて過ぎていくのが見えた。 ...
  • miyakeは楽曲制作で忙しいため、不定期の出演となっているが、出演しない回でも選曲のみする場合がある。 ...
  • キャストの中には、唯一の日本人、ニューヨークを拠点に活動中の女優・ダンサー・シンガーのYuriko Miyakeが含まれている。 ...
  • ミヤケは異なる再構を行っている。 ...
  • おそらくフェザー級ではミヤケ選手がメキシコでも日章旗をあげてくれるだろうし、なんといっても「世界一の力持ち」はヘビイ級の勝者なのだ。 ...
  • この記事の近接性と、現存する「ミヤケ」という地名と「イヌカイ」という地名の近接例の多さから、犬養部と屯倉との間になんらかの密接な関係があったことが想定され、現在では、犬養部は犬を用いて屯倉の守衛をしていたという説が有力になっている。 ...
  • また、山ノ上碑に刻まれている「佐野三家」は金井沢碑の「三家」であると考えられてきたが、周辺の発掘調査により、史料上知られていないミヤケの存在が確実視されてきたため、「佐野三家」と「三家」は同一でないという可能性も出てきた。 ...
  • ミヤケのミは敬語、ヤケは家宅のことで、ヤマト政権の直轄地経営の倉庫などを表した語である。 ...
  • ミヤケガラスの鳴き声でさわがしく、大きな巣があちこちにらばっているため、ゴミを屋根にいただいているように見える。 ...
  • 金井沢碑に刻まれる「三家」は山ノ上碑に刻まれる「佐野三家」であると考えられてきたが、最近の発掘調査により史料上知られていないミヤケの存在が確実視されているため、「三家」が「佐野三家」とは別のミヤケである可能性もある。 ...
  • 小麦畑の視察に訪れたミヤケは先住民の文化と開拓史を学ぶために北海道開拓記念館にも立ち寄り、先住民の自然観や、羆を地上に降りた神の姿とみなしていたという史実に触れ、大地の豊かな恵みや自然の大いなる力の象徴であり、その偉大さを人々に伝える使者でもある大地の守り神として、白き熊を創出したと言われている。 ...
  • さる会合でミヨシさんという女性を紹介され、一時間後には、「ミヤケさん、ミヤケさん」と連発しながら喋っていた。 ...
  • ISSEY MIYAKEの2009年春夏コレクション以降、「カラーハンティング」という言葉を用い、自然や生物など、環境の中にある色を観察・把握し、色見本化していく試みも行っている。
  • 同時にメンバーの表記がそれぞれアルファベット大文字のTOYO、K MIYAKE、AKIと変更された。
  • ミヤケは「シロクマベーカリー」に加えて一般小売向け商品「シロクマパン」のアートディレクションも行い、パッケージに使用される仔熊のエンブレムも製作している。 ...
  • 「官家」もミヤケと読まれることもあり、後に「郡家」はコオリノミヤケ、「五十戸家」がサトノミヤケと読まれた可能性がある。 ...