ミヌイット

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • ミヌイットは直ぐに、当時のヨーロッパでは強国であったスウェーデンの多くの友人に奉仕が可能であることを伝えた。 ...
  • ミヌイットはその年、故郷へ帰る途中でハリケーンに遭って死んだが、スウェーデンの植民地は徐々に成長を始めた。 ...
  • ミヌイットはその年に帰国中、ハリケーンに遭って水死したが、スウェーデン植民地は徐々に成長を続けた。 ...
  • ピーター・ミヌイットが新しく作られたニュースウェーデン植民地の初代知事になった。 ...
  • ミヌイットはデラウェア川の西岸の所有権を主張し、そこにはヨーロッパ人による開拓地がないと宣言した。 ...
  • ピーター・ミヌイットがこの頃のオランダ支配人であり、恐らくはバーリントン島でいくらかの時を過ごし、その地域に馴染んだと考えられる。 ...
  • ピーター・ミヌイットが新しく造られたニュースウェーデン植民地の初代知事になった。 ...
  • スウェーデンはニュースウェーデン会社を作り、多くの話し合いの後の1638年、ミヌイットがスウェーデン国旗の下の集団を連れてデラウェア川地域に入った。 ...
  • 支配人のキーフトはスウェーデン人の上陸に反対したが、ミヌイットはオランダが軍事的に難しい情勢にあることを知っていたので、キーフトの書状を無視した。 ...
  • しかし、ミヌイットはオランダ西インド会社の支配人と不和になり、ニューネーデルラントから呼び戻されたのを機に、当時はヨーロッパの政治で大国であったスウェーデンの多くの友人と誼を通じた。 ...
  • ミヌイットは1638年をクリスティーナ砦で過ごし、次の任務のためにストックホルムへの帰路に就いたが、回り道をしてカリブ海に向かい、タバコを積んでヨーロッパに持って帰り利益を得ようと考えた。 ...
  • ミヌイットは川の西岸に上陸してその任務を果たし、土地の先住民族の酋長達を集めると、「カルマー・ナイケル」の船室で秘密会議を開き、オランダとの問題を解決する目的で準備した事項について酋長達に署名するよう説得した。 ...
  • ミヌイットはこの航海の途中、カリブ海のセントクリストファー島でハリケーンに遭って死亡した。 ...
  • ミヌイットは元オランダ西インド会社の支配人であり、その当時の支配人ウィリアム・キーフトの前任者として、デラウェア川の対岸の状況を知悉していた。 ...
  • ミヌイットはオランダ西インド会社の支配人と不和になり、ニューネーデルラントに呼び戻された。 ...