ミトラダテス

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • フラーテス3世の息子であるミトラダテスとオロデスの兄弟は父王を殺害すると、兄弟同士で後継争いが始められた。 ...
  • ティリダテスの反乱の後、更にミトラダテスの反乱が発生し、フラーテス4世はその対応に追われた。 ...
  • ローマの将軍ルキウス・リキニウス・ルクッルスはミトラダテス6世の引渡しを要求してきたが、ティグラネス2世はこれを拒否してローマに対抗する姿勢を示した。 ...
  • アンティオコス3世の子としてセレウコス4世フィロパトルの弟として生まれたアンティオコス4世はもともとミトラダテスという名前であったが、即位後アンティオコス4世という名前を持ったようである。 ...
  • しかしその晩年にはセレウコス朝とも婚姻関係を持っていた義父のポントス王ミトラダテス6世とローマ帝国との紛争に巻き込まれ、シリアをはじめとする一部の領土を放棄してローマ帝国の同盟国となることでその独立を承認された。 ...
  • ポントス王ミトラダテス6世と同盟を結んでいたアルメニア王ティグラネス2世はローマに対する同盟をパルティアに依頼したが、パルティア王シナトルケスは救援を拒否した。 ...
  • 紀元前171年頃、フラーテス1世が亡くなると、弟のミトラダテスが王位を継承した。 ...
  • ボントス王国も小アジア半島にあって、ローマ帝国と覇権をあらそったのだけど、ミトラダテス六世は武将としてすぐれていた上に、語学の天才だったの。
  • 自立を強めたティグラネス2世はポントス王国と同盟を結び、その王ミトラダテス6世の娘クレオパトラを娶って国内の基盤を固めた。 ...
  • 紀元前58年または紀元前57年、フラーテス3世は息子のオロデスとミトラダテスに殺された。 ...
  • そのときベロエアの君主ストラトは親パルティア派であるアラブ人の暴君アジーズとミトラダテス・シナケスに助けを求め、逆にデメトリウス3世エウカエロスを包囲して降伏させた。 ...
  • 紀元前2世紀、コルキス王国は黒海東南海岸にあったポントス王国のミトラダテスによって制圧され、紀元前65年にはそのポントスが共和政ローマのポンペイウス軍に敗れたことでコルキスはローマの属領となった。 ...
  • 「ハーゲマイヤー碑文」には、その「石棲妖蠍パレオロザキス」に関する伝説がいくつか収録されているのだが、ユダヤ系の学者がのこしたメモによると、ペルガモン王国がローマ帝国に吸収された直後、おとなりのボントス国王ミトラダテス六世が「石棲妖蠍」を退治した。 ...
  • 前69年、ローマの将軍ルキウスがアルメニアの首都ティグラノケルタに進軍したため、ポントス王ミトラダテス6世とアルメニア王ティグラネス2世は再びパルティアのプラアテス3世に援軍を依頼した。 ...
  • ミトラダテスとも。 ...