ミツミ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 三身説では仏が現世の人々の前に現れた姿、応身仏であるとされている。 ...
  • 中国や日本の仏教では、この三身のどれを表として立てるかで議論が起こった。 ...
  • また、後の三身説では応身として、仏が現世の人々の前に現れた姿であるとする。 ...
  • 観音だって三十三身に変化されるというでしょう。 ...
  • 通常はこの三身説がよく用いられる。 ...
  • また、三十三身の小観音像がその両脇に置かれている。 ...
  • 法身法身・報身・応身の三身の一つで、真理そのものとしてのブッダの本体、色も形もない真実そのものの体をいう。 ...
  • しかし後に仏の身は本来分かつべきでなく、どれも具わっていると考えられるようになり、三身即一身という説が立てられた。 ...
  • 貫太郎の生命は、三十三身に応現する観音によって助けられた、とたか夫人は信じている。 ...
  • 三身は、大乗仏教における、仏の3種類の身のあり方で、仏身観の一種である。
  • 三身が具現していることを、三身即一、あるいは三身円満などという。 ...
  • MAジャムル・フィンを駆り、三身一体の連携プレーを得意とする。 ...
  • 観世音菩薩は、法を説く相手によって三十三身に変化して行くので、裏表に彫るとしても最低十七枚の板木がなければならない。 ...
  • いずれも三身を一身に備えた仏陀であります。 ...
  • なお、附け加えて言わねばならんことは、しかも一番大事なことは、私たちいずれもが、法報応の三身を備えた仏陀であることです、覚者であることです。 ...
  • 観音菩薩に三十三身あるというのもその事で、三十三身とは、数を約めた譬えで、実は人間の心の働きは無数無限の方面があって、決して行き詰まることはない。 ...
  • ミツミはこの装置をOEM供給し、購入した機器メーカーが独自のカスタマイズを加えることを前提としており、ディスクのサイズや容量に差異があった。