ミスカワイヒ

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • かつて仕えたアブル・ファドル・イブヌル・アミードが新しい主の教育係だったと示す史料があるため、アドゥードゥッダウラとミスカワイヒはお互いをよく知っていたはずである。 ...
  • ミスカワイヒによれば、スフラはカワードの母方の叔父であった。 ...
  • ギリシア語版で失われた著書のなかには倫理学関係のものとして『性格について』などもアラビア語訳が伝わり、ミスカワイヒやその後継者などの倫理学関係の思想に大きく影響を与えている。 ...
  • 以下、本項では、この哲学者を便宜的に「ミスカワイヒ」と呼ぶこととする。 ...
  • ミスカワイヒとイフワーン・サファーとの関わりを示す同時代史料もあり、その論文集にはミスカワイヒが書いた部分もあるという説もある。 ...
  • 名前から知りうるように、ミスカワイヒは、おそらく父か祖父の代に改宗が行われた改宗ムスリムであるが、その著書にはイスラームへの宗教的情熱をあらわにするような記載が見当たらない。 ...
  • 当時のバグダードはエジプト以東のイスラーム世界の人や物が集まる交流点であり、ミスカワイヒはその富と文化的資産を享受している。 ...
  • その後ミスカワイヒは978年からシーラーズを治めるファールス政権のアドゥードゥッダウラのもとで、財務担当の大臣として働く。 ...
  • 先代の宰相が970年に亡くなると、ミスカワイヒはその息子のアブル・ファトフに引き続き仕えたとみえ、975年に ルクヌッダウラとブワイフ朝軍に付き従ってバグダードへ行ったという記録がある。 ...
  • ただし984-985年に宰相が処刑されて以降、つまりミスカワイヒの50代からのイスファハーンで亡くなる1030年2月16日までの足取りはよくわかっていない。 ...
  • ミスカワイヒはブワイフ朝の官僚で、行政文書の保管や財務を担当する役所に勤めたペルシア人。 ...
  • ヤークートやイブヌル・キフティー、タウヒーディーによると、ミスカワイヒは宰相の蔵書や王国の公文書を補完する図書館の責任者として働き、宰相の息子アブル・ファトフの教育係もつとめた。 ...
  • ミスカワイヒはが治めるバグダードで、宰相ムハッラビーに12年間仕えた。 ...
  • ムハッラビーの没後、ミスカワイヒはライイ政権のの宮廷へ移り、宰相のに7年間仕えた。 ...
  • 近代イランの伝記作家によると、ミスカワイヒはヒジュラ歴326年、ズィヤール朝治下のライイに生まれ、おそらくはジバール地方で育った。 ...