マールバラ公爵

74 の用例 (0.00 秒)
  • この一件で元々芳しくなかったマールバラ公爵家の評判は更に悪くなったという。
  • マールバラ公爵位と家督は長男であるジョージが継承した。
  • 祖父である第6代マールバラ公爵ジョージは奇行が多い人物だった。
  • 彼の代の頃からマールバラ公爵家の家計は悪くなり、負債に苦しんだ。
  • 議会はマールバラ公爵位を存続させるため特例として女系での継承を許可した。
  • マールバラ公爵位は長男のジョージ・スペンサー=チャーチルが継承した。
  • マールバラ公爵位は長男のジョージが継承した。
  • ランドルフ卿が8歳の頃に祖父が死去し、父が第7代マールバラ公爵位を継承した。
  • この選挙区はマールバラ公爵家の領地であり、マールバラ公爵が候補者指名権を持っていた。
  • 初代マールバラ公爵には無事成人した男子がなかった。
  • この選挙区はマールバラ公爵家の領地であり、父マールバラ公爵が候補者の指名権をもっていたので出馬は容易だった。
  • マールバラ公爵はそれ以前からアイルランド総督職就任を要請されていたが、そのたびに断っていた。
  • 裁判では重婚とは認定されず、慰謝料を出すことで解決したが、この騒ぎでマールバラ公爵家の家名に傷が付いた。
  • 女性ながら特例でマールバラ公爵位を継承した。
  • 彼も彼の父も浪費癖が酷かったため、彼が当主をしていた時期にはマールバラ公爵家の家計はかなり逼迫していた。
  • 現在イギリスで爵位を持つスペンサー家はマールバラ公爵家とスペンサー伯爵家と家の3つがある。
  • しかしやがてヴィクトリア女王からも睨まれるようになり、マールバラ公爵家はますます貴族社会から除者にされていった。
  • 第7代マールバラ公爵には5人の息子があったが、うち3人は早世し、2人が無事成長した。
  • 以降スペンサー本家はサンダーランド伯爵とともにマールバラ公爵位を継承していく。
  • 父母は普段はロンドンで暮らしているが、この日はであり、ブレナム宮殿でマールバラ公爵主催の舞踏会が予定されていた。
  • 次へ »

マールバラ公爵 の使われ方